rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2009年12月01日

一週間の日記 11月23日から11月29日まで

▼今週の一枚(京都・丹波・綾部にて)
242.JPG

11月23日(月)
◇休日。Twitter。

◇ランディから案内。湯河原で気功のワークショップをやるらしい。

◇星槎学園の宮澤会長から「漢方を健康保険で使えるように署名のお願い」が来た。「11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成」

◇寒いのでアマゾンでホットカーペットを購入。70年代に「デパートに住みたい」という女子大生からの投稿が来たけど、今はまさにデパートの中に住んでるみたい。ちなみに80年代は「TDLに住みたい」という子が多かった。

◇0.8秒の11月23日の日記。「踊り狂ってる師匠」とはオレのことか(笑)。賢者の方だと思うが。J.Mからメール。終わってからかっこわるいの承知で客席に行ったが会えなくて残念と。僕は一ファンとして見ているから大丈夫。

11月24日(火)
◇連休って、生活のリズムを崩すな。

◇最初の本が聖書っていうのが象徴的なように、本って、基本的に宗教本なんだな。金儲けでも時代感覚でも、本になると、説教臭くなる。

11月25日(水)
◇橘川のTwitterのふぁぼった

◇タクシーの運ちゃん、青森の工場が閉鎖になって2ヶ月前に東京に来た、と。青森では50歳を過ぎたらまず仕事はない、と。東京のタクシー運転手で仕送り出来るのか。

◇明日からの旅の支度。携帯とカメラとDSの充電コンセントが3つ。充電器を統一規格にしてもらえないものか。

11月26日(木)
◇Twitterは朝が一番エキサイティング。朝が一番みんなの気持ちのタイムラインが揃う。これから生活はじまると、それぞれの人がバラバラの時間軸になっていく。

『KOTOBA −Deep Breath Words−』(Yukio Kitsukawa)が米BookSurge社で販売開始に。日本語の本を翻訳して米国で販売する道を拓きました! オンブックでは米国でのオンデマンド出版のサポートサービスを行う予定。まずは、橘川の深呼吸本から。

◇今月のFACTAの立石さんの記事「ヤマダ電機 忍び寄る第二のダイエー」は漠然とヤマダ電機に思っていたことを説明してくれた。無節操に拡大していったダイエーの末路と同じ。オーナーが権力を持って組織拡大出来るのはある範囲までで、それ以上は暴走する。それに荷担して利益あげるのがファンド。

◇Firefox のアドオンでlive TVを入れたので、世界中の音楽番組見れる。フランスのNRJ Pop Rockがお気に入り。TwitterにMTVで密度濃すぎか。

◇本は社会の成熟度に応じて役割を変える。明治の頃、夏目漱石は近代人としての哲学、思想と日本人としての詩的情念を中核にして、エンターテイメントな物語のオブラートにくるんで小説を書いた。今はオブラートの部分だけがテクニカルに発展しているんだと思う。しかし、それは後退したのではなくて、読者が成熟したからだ。哲学、思想及び情念はインテリたちではなく、読者一人一人が担うべき時代になっている。

◇赤坂で広本公朗と会って、おしゃべり。二人でホテルニューオータニでアクセスの荒川くんのお別れ会へ行く。黒服の群衆の中で、僕だけこの後が旅行なので赤いカッターシャツだった。僕が知ってる荒川くんは、寝袋持参で会社に泊まり込んで仕事していた時代。ラフな服装も許してくれるだろう。あらためて合掌。

◇東京駅で駅弁を買って新幹線へ。大丸は工事中なのか。

◇京都から山陰線で綾部に入り、駅前のビジネスホテルに宿泊。

◇ブラタモリは日本橋。タモリは信用するが今は好きではない。本来の才能で勝負すべきことをケチって、民放の宮田輝になっちゃった、という裏切られ感(笑)。全力でタモリが表現したのは、赤塚さんの葬式だけでは。ブラタモリも脚本通りな感じ。タモリの才能とは、例えば、テレビに出て最初に、テレビは見るものではなく出るもの、と看破したところ。ニコ生こそ、タモリが似合う。

◇今回の旅の目的と内容は「こちら」を。

11月27日(金)
◇早朝、散歩。地方に来たら、朝の散歩で神社を探す。綾部八幡神社を発見。

◇ホテルの朝食後チェックアウト。午前中は余裕あるので、カメラを持って綾部をまわる。

猪かあ。行ってみよう。

◇綾部に大本の本部がある。出口なおさんの出身が綾部だから。驚いたことに大本の入口の前にキリスト教会がある。地元の人に聞いたら、大本はウェルカムなのだそうだ。見事に共存している。

◇大本本部の近くの学校で耐震補強工事をやっている。東京だとすでに鉄筋の校舎が多いので、内部補強するぐらいだが、地方の校舎は古い木造建物が多い。こういうのは地方に旅してみないと実感として分からない。削減され続けている公共工事で、耐震補強工事が地元の業者の救いのようだ。学校は地域の避難施設になっているので耐震強度のレベルが高い。

▼まるで鋼鉄のギブスのようだ。
151.JPG

◇綾部駅で、塩見直紀くんと、リーフラスの伊藤・桃原さんと合流。塩見くんの車で、丹波茶屋「ゆらり」へ。

▼綾部・半農半X研究所の塩見くんの畑で、塩見くん(右)とリーフラス・伊藤社長(左)
193.JPG

▼綾部の小学校が廃校になってコミュニティセンターになっている。自慢のパン焼き釜を紹介してくれる塩見くん。ピザも焼ける。
205.JPG

◇塩見くんが、いろいろと案内してくれて、充実した時が過ぎる。塩見くんは以前にフェリッシモに勤めていて、その頃、僕の著書を読んでいてくれたらしい。今後の協力を確認しつつ、綾部駅からリーフラスの二人と亀岡へ向かう。

◇亀岡の駅には前田比良聖さんが待っていてくれて、大本へ。明智光秀の居城であった亀岡城を出口王仁三郎さんが買い取って、大本本部になっている。大本の宿泊施設に泊めてもらう。

◇和良久の練習を見学。合気道の創始者である植芝盛平も、大本の出身。合気武道という名前は王仁三郎さんの命名によるもの。大本からは合気道の他にも、井上鑑昭の親英体道、奥山忠男の言霊ツルギという武道が発生している。和良久は四番目の大本武道として成長しつつある。

▼大本・和良久の練習風景
271.JPG

◇練習終了後、前田さんが出口鯉太郎さんと一緒にやってきて、みんなで、近くの居酒屋で談笑。鯉太郎さんとは久しぶりの再会。とても優しい雰囲気で会えて嬉しかった。彼は出口家の人で陶芸家。山の方に登り窯を作ったようなので、今度、訪問させてもらいたい。深夜まで、前田さんの極真時代の話などで盛り上がり、楽しい夜が更けた。

11月28日(土)
◇早朝、大本の神殿を参拝。亀岡城のすがすがしい空気の中を、前田さんの案内で散策。

◇亀岡で、みんなと別れ、京都へ向かう。途中、保津渓にさしかかって、あまりの渓谷の美しさに山陰線を降りてしまう。地図を見ると、「トロッコ電車駅」とあるので、そこまで歩く。紅葉がまぶしいくらいの山の中を歩く。

▼保津渓のトロッコ電車から紅葉。
099.JPG

◇京都について、携帯電話の電源が切れてしまったので、ネットカフェで充電。

◇大阪の山北末広さんに来てもらい、打ち合わせを行う。今年は、国の体制変更もあり、役所の仕事が遅れたり、ストップしたりで、翻弄されている。事業仕分けで何兆円も予算が停止されているが、確かに、一部のエリートが利権を吸い取ってた部分もあるだろうが、大半はその予算で生活していた人もいるわけで、その部分への視点が仕分け人には欠けているのではないか。それはかつて、「居酒屋タクシー」がマスコミに批判されて、官僚たちがタクシーに乗らなくなったが(というか、始発電車の時間まで仕事をするはめに)そのタクシー運転手の生活のことまではマスコミは指摘しなかった。「事業仕分け」に対抗して「事業仕掛け」を始めたい。

◇帰京。新幹線の中で爆睡。

11月29日(日)
◇Twitter三昧。


デメ研忘年会は、12月18日(金)18時からです。
申し込み頁のサーバーがダウンしたので、緊急申し込みサイトを作りました。
デメ研忘年会2009はこちらで申し込みしてください。
すでに古い登録サイトで登録された人は、再登録する必要はございません。


comment

コメントを投稿

いままでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

名前
メールアドレス
URL
この情報をcookie に記憶させる場合、チェックをつけてください。
コメント