rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2009年11月01日

一週間の日記 10月26日から11月01日まで

▼今週の一枚
003.JPG

10月26日(月)
◇雨。月曜日は学校。

▼三上晴夏さんの作ってくれた橘川キャラ
57_Picture.jpg

◇授業の終了後、麹町に向かい、鍼灸治療。鍼灸師に、神経が高ぶってるから、ツィッターやめてキンドルにしろと言われた(笑)。英語の出来る鍼灸師だが、見せてもらった。ポーの全集が700円ぐらいなんだな

10月27日(火)
◇九州旅行で疲れたので会社に行かずに、部屋で過ごす。

◇こういう朝は、トリスタン・ツァラとか逸見猶吉の詩を読みたくなる。冬に向かっているんだな。ダンボールの奥にある本を探しにいこう。

◇カミさんに教えてもらった、2chでかつて話題になったという「踏み台昇降」という運動法をやってみる。なかなか良い。しばらく体調回復運動だな。

踏み台昇降 de ダイエット

10月28日(水)
◇日販にて、株式会社ポノポノの役員会議。ビルの上の銀座アスターでランチ。深水英一郎社長、松島凡役員、橘川役員と、あやしい経営陣。

◇浅草橋へ行き、ラングの石田、大江くんと、今後の打ち合わせ。浅草橋は問屋さんが多くて、裏道に入ると、アジアンショップなんかもあって面白い。ふと電信柱を見ると「柳橋1−32」とある。確か、僕の生まれた時の本籍地は「柳橋1−31」だった。この辺に両親が住んでいたのか。

00725.JPG

◇九州に行った時に、おみやげに買ってきた「山うにとうふ」。豆腐の味噌漬けなんだけど、ほんとに「うに」の香りがする。そのまま食べてもおいしいが、スパゲティをゆでて、こいつでからめると、とてもとても、おいしい。

山うにとうふ

◇僕がぼけたら、ノリピーに介護してもらいたい。

10月29日(木)
◇オンブック編集会議。会議の前に、カミさん、友ちゃんと3人でいつものイタメシ屋でスパゲティ。Twitter話になって、友ちゃんの話では、Mixiがガラガラだということだ。携帯は調子良いらしいが、SNSはTwitterによって大陸移動だな。橘川のTwitterのIDは「metakit」です。

◇鍼灸治療。腰からはじまって全体に問題ありだな。

◇ボイジャーで「マガジン航」のキックオフパーティ。青山で道が分からなくてウロウロしていると滑川が。二人でようやく見つける。編集長の仲俣くんが遅刻(笑)。わいわいと、おしゃべりしながら、次のイベント会場・お台場に滑川と向かう。

マガジン航

◇お台場では「第三回おばかアプリ選手権」をやってる。司会が、林雄司くん。僕が知ってる林くんは、10年前のすぐに緊張してトイレに駆け込む林くんだったので心配したが、なんかとても上手なトークと進行手配で感動する。深水くんも合流したので、二人で林くんに挨拶。再会は嬉しい。あれは、2000年のはじめ。「インターネットは儲からない」(日経BP)という僕の出版パーティをわざわざ大阪でやったことがある。博報堂関西の協力で、東京からも200人近く大阪入りして大騒ぎのパーティだった。僕の出版パーティなのに、田口ランディがサイン会やったりした。その時、同時開催で、林くんと深水くんのトークライブもやったのだ。そのちょっと前に、林くんがはじめて「ロフトプラス1」でトークライブやって、店の人は林くんの影響力をまるで知らないので、店はじまって以来の来客で、驚かしたことがある。林くんは、インターネットの世界で、独自の領域とスタイルを確立した。「デイリーポータルZ」は、日本型コンテンツの金字塔である。いや、ガスタンクである。

第3回おばかアプリ選手権

デイリーポータルZ

◇大会は、各社、なかなか良い味を出したアプリを発表。優勝はチームラボの「らぼかへ」と「アクトトイレ(acttoilet)」。コーヒーメーカーをライブカメラで写して、 Firefoxにアドオンする。アクトトイレは、ロールペーパーにマウスでセンサーして、デジタルサイネージの画面と連動させる。話術もうまかった。こういうイベントは、狭い業界内だけでやるのではなく、もっとオープンに全国から集めたら、もっと面白いと思うのだが。

◇山崎潤一郎くんのマネトロンズも出て「エピタフ」演奏してた。「おばか」ではないと思うが(笑)。メンバーに日経BPの人がいて、ELPの曲をYouTubeに流したら、キースエマーソンから、会いたいとメールが来たんだって(笑)。

◇ソニーですの福田さんからポスターハリスターのギャラリーでZineのイベントがあるようだ。ポスターハリスターは、寺山さんの天井桟敷のポスターを飲み屋の壁にはるところからはじめて、それをビジネスにしてしまった会社。大学の時に、僕の級友が天井桟敷の舞台で「書を捨てよ、街へ出よう」と叫んでいたので、桟敷の役者さんたちと渋谷で麻雀やったりしてたこともある。下馬二五七さんは、やさしい人だった。あとで子どもセンターの高山さんに「あの芸名は、寺山が住んでたアパートの住所だよ」と教えてもらった。高山さんと寺山さんは親友同士だった。その後、スネークマンの桑原茂一さんのオフィスに行ったら、昔、天井桟敷の事務所だったとか。住所表記は少し違っていたが、世田谷区下馬。ネットで調べたら、下馬さん、今年の春に、お亡くなりになっていた。60年代サブカルチャーの証人が、どんどんいなくなる。合掌

10月30日(金)
◇早朝から原稿を書く。

デメ研社説・出版の未来(2)

◇オンブックの著者さんから、荒尾梨をおくっていただく。メロンのようにでかい。

◇小泉吉宏くんから新刊が届いた。伊藤若冲の池辺群虫図の部分パーツを拡大して小泉くんの言葉をあてた本。こういう手があったか。タイトルは「生きてる」小学舘。

生きてる

10月31日(土)
◇はてなのスターマークが、ハロウィンのかぼちゃになってる。

11月01日(日)
◇日曜日は、散歩。

◇タッキーと周平とで作ってる新しい本の原稿を整理する。

◇「ホントに欲しいものを、言ってみな!」のiPhone版は、こちらでどうぞ。


comment

コメントを投稿

いままでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

名前
メールアドレス
URL
この情報をcookie に記憶させる場合、チェックをつけてください。
コメント