rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2009年07月26日

一週間の日記 7月20日から7月26日まで

7月20日(月)
◇海の日

◇ドラクエのための連休。ドラクエは主人公をひたすら強くする。例えば戦士にして、ある程度いったら転職して、スキルをためて、戦士に戻してスキルを使う。盾を100にすると相当強い。この調子でメンバーの職業を固定してスキルをあげる。やりながら気がついた。上級職にならなくても楽勝で終わる。旅の終わりから、本格的に強いボスが現れるんだな。

7月21日(火)
◇なんで新聞休刊日が各社同じなんだ。ローテーション組んで、休刊日を各社ずらせば良いのに。国会解散なのにスポーツ新聞しか並んでいない。

◇日本橋の三井不動産へ。瀧山さんと三越の食堂で食事。筑紫楼のふかひれ丼。うまいけど、胸焼け。

◇電車の中でドラクエやってる人が増えた。宝の地図は通信しないと入らないのが多いのか。とりあえず、表面はクリアーした。

7月22日(水)
◇未来検索ブラジルの深水くん、長田くん、ペーパーメディア研究所の青山さんと高円寺駅前のルノアールで打ち合わせ。

◇そのあと、高円寺プラットホームにみんなで向かうと、駅前で保坂展人くんが選挙演説してる。僕に気づいた保坂くん、演説の最中なのに「ああ、きつかわさん」とこっちに来る(笑)。今日は高円寺プラットホームで、NECの松永さんたちに「ニコ生」のデモを見せるところだったので、「演説終わったら、ちょっとおいでよ」と声かける。

◇松永さん、照井くん、妹尾さんらと、みんなでニコ生のデモを楽しむ。途中、僕も出てみたが、いきなり「ロッキングオン」関連の弾幕が流れたのには驚いた。

◇そのあと、演説が終わった保坂くんもやってきたので、ニコ生に臨時出演。さすがに、しゃべくりのプロで、ネタもとても面白い。児童ポルノ規制の問題で、法務省の担当に質問したことなどを話しのだが、
「サンタフェが児童ポルノ規制になるなら、篠山紀信の事務所にある未成年写真集は非合法化か」(笑)
「日本の法律では16才で結婚出来るが、結婚したカミさんのヌード写真を旦那が撮影したら犯罪か」(笑)
など。twitterをやるようにアドバイスしといた。

◇そのあと、みんなでバーミィに行って宴会したが、保坂くん、昔のトゲトゲしさが消えて、豊かなまるみが出てきた感じ。社民党という弱小政党にいたことが、彼を鍛えたのだろう。

保坂くんのブログにも紹介されている。

◇保坂くんのブログにこう書いてある。『「過去の選挙では、政府・与党の批判を強くしてきた。また、昨日までは自民党内の混乱についても、東国原騒動や署名運動などに触れた意見も言ってきた。しかし、今日からはもう言わないことにしました。自民党の批判はわかった。ところで、野党が連立政権をつくったら何をやってくれるのか。社会は変わるのか、変わらないのか。医療や福祉をよくすると言うが、財源があるのか。この声に今日は答えたいんで」と言うと、何人かの人の足が止まった。』

◇自民党が民主党の悪口しか言わなくなった頃から、自民党の野党化がはじまっていたのだと思う。保坂くんに言ったのは、インターネットを使った選挙公報が大事なのではなくて、ネット投票が一番大事だ、と。組織票をアテにしている自公は絶対にやらせなかったから、これの実現を考えてくれ、と。

◇ちなみに、保坂くんは60年代の末の時代に、麹町中学の中学生で、古沢正夫という相棒と二人が中心となって、麹町中学全共闘を結成し、中学校をバリケード封鎖したりした(笑)。そのことで、二人は、中学校の内申書はオール1で、なおかつ「社会的協調性がゼロ」みたいなコメントをつけられて、保坂くんは、内申書裁判を起こした。

◇僕は当時、大学生だったのだが、青山学院のサークルの部室前で「中学生全共闘」というビラはりをしてた古沢に声かけて、そのまま友だちになった。ていうか、僕の最初の舎弟(笑)僕の家は四谷だったので、中学生の古沢は、よく僕の家でマージャンやって、そのまま中学に行くというような生活してた。

◇当時の中学生全共闘のメンバーやOBの永井くんとか蓮井くんとか、たくさん若いのがいて友だちになったが、保坂くんとは当時は会ってない。名前はもちろん知ってたが。彼と会ったのは、10数年前かな。ロッキングオンの創設時の仲間だった大久保青志が、土井たかこさんの秘書になり、今は保坂くんの秘書やってるので僕のパーティなどにも来てくれたりした。

◇てな感じで、いろいろと伏流のある関係なのだ。いやはや、人生は楽しいな。

7月23日(木)
◇カミさん、娘と3人でランチ。娘とおしゃべりしてて気がついた。お台場のガンダムって、大仏様だな。社作って参拝客集めれば世界中から来るのでは。

◇オンブック会議。橘川のホント本のiPhone版のデザインが出来る。iPhoneの時の定価をいくらにするのかで悩む。本の方は1000円。相場的には500円前後か。

『ホントに欲しいものを、言ってみな!』

◇マインドシェアの細見くん、木水さんが来社。マインドシェアは「鬼所長」の高橋明くんがいるところだが、一人一人にキャッチフレーズがあるんだな。細見くんは「受けの美学」木水さんは「丁稚」(09新入社員)と名刺に書いてある。いろいろと普通のビジネスシーンでは聞いたこともないだろう話題を提供してあげる(笑)。

7月24日(金)
◇朝の山手線は座席がない。カンボジアあたりで、トラックに兵隊をたたせて移動する風景とオーバーラップ。

◇オンブックの中村さんと日本橋三越のライオン前で待ち合わせして、の三井不動産へ。出版の打ち合わせ。

◇御成門のヘーパーメディア研究所へ、青山さんと打ち合わせ。

7月25日(土)
◇アメリカは最初から州単位による地方分権国家だが、金融危機で中央集権が強まっている。アメリカから帰ってきた金融屋の話では、オバマは土地バブルを仕掛けるのでは、と。猛毒だがカンフル剤だな。例えばカルフォルニアの不良資産住宅を政府が買い取って、失業者住宅にする。とか。日本人でもすでに住宅を買いあさっている連中がいるらしい。

◇アメリカはエコビジネスで浮揚するわけがない。それはインターネットが儲かると騒いだ連中と同じ連中が騒いでいるだけだ。騒ぐことが、彼らのビジネスだからな。インターネットもエコロジーも、それまでの近代ビジネスを超えていくことに意味があるのだから。アメリカの実態経済がますます崩壊したら、ハワイなんか独立の動きをはじめると思う。本国の支援なくても、観光立国でやっていけるから。ソビエトもアメリカも中国も自民党も、権力でたばねたものは、やがて解体していく。

◇Charaの離婚は、なんか、凄いインパクト。これから彼女の歌がどなるのか、気になる。Charaって、僕にとって、現代の浅川マキか。

7月26日(日)
◇福原哲郎さんから連絡。
『スペース・ダンス・イン・ザ・チューブ イオンモール川口キャラ』世界天文年2009公認イベント◎7月26日(日)〜8月2日(日)

2009年07月20日

一週間の日記 7月13日から7月19日まで

7月13日(月)
◇暑い。午前中、築地の駅前で、市川、電通の田中くんと待ち合わせて、BPSの港のところに行く。新しいソリューションの見学。同じビルにいる、旧知の元カシオの名取さんや、元長銀の新堂くんらが挨拶に来る。

◇港、市川、田中くんらとランチ。「新三浦」で親子丼。さすがに有名な親子丼だ。おいしい。

◇そこでみんなと別れて、銀座通り方面に行く。オンブックの著者で、銀座の古参金融の室井さんがいそうだな、と感じたら、なんと、向こうから室井さんが歩いてくる。室井さんは、イベントプロデューサーからはじまって金融の世界に入った。28才ぐらいで「映画評論」のスポンサーになったりした人。彼の本は、そうした経験の中で実際に体験したことばかりだ。

『金を追う者 追われる者 −ノンフィクションマネーファイル−』室井忠道

◇銀座の伊東屋で文房具を見る。学生時代は、この店で新しい文具を発見するのが楽しみだったが、インターネット以後は、そういう楽しさも失われたな。

◇神田の駅前で「麻生、解散」の号外をサンケイが配ってる。神田から日本橋に向かい、三井不動産で瀧山さんらと打ち合わせ。

◇電車の中でドラクエやってる女子を2人見た。こちらも帰宅後、冒険へ。

7月14日(火)
◇暑い日が続く。霞ヶ関の官庁に行く。政治が賑やかになってきたが、果たして官僚たちをコントロール出来るだけのビジョンと能力を持った政治家がどれだけいるのだろうか。僕は僕のやり方で、静かにやるべきことを追求するだけだ。

7月15日(水)
◇先週の村松パーティで再会したカシオの青木くんが事務所に来る。僕がここ数年やってきたことを知らないので説明する。ODECOのことと、深呼吸する言葉が中心だな。青木くんの母上が著名な音楽教育家だとは知らなかった。

7月16日(木)
◇オンブックの会議。大野明夫さんの本の原稿がまとまったようだ。

◇橘川の新刊は、前回のバジリコ版に次いで、「喧嘩売ってるのかコノヤロウ・タイトル」(笑)。「あなたは、それを欲しがっているのではない。欲しがらされているだけだ。本当に欲しいものを言ってみな!」という本文から取った。発行は8月前後かな。深呼吸する言葉は、僕のライフワークとして死ぬまで書き続ける。iPhoneでのアプリでも同時発売。定価のつけ方で悩むな。もっと多くの人に、深呼吸する言葉をはじめてもらいたいと願っている本。

『ホントに欲しいものを、言ってみな!』きつかわゆきお

◇周平くんが来て打ち合わせ。

7月17日(金)
◇博報堂の広告編集部の細川さんと杉山さんが来社。ヒアリングを受ける。深呼吸する言葉をアピールしておく。深谷くんの深呼吸カバン(笑)を見せる。

◇深夜、石川遼くんのゴルフを見ながらドラクエ冒険。共に戦う(笑)。しかし、タイガーウッズはあきらかに日本の報道陣のカメラマンにイラついている。日本の新聞社も出版社もテレビ局も、経営ピンチだというのに、こういう取材予算は合理化しないんだな。

7月18日(土)
◇渋谷に買い物に行こうと出かけたが、あまりに暑いので、途中で帰宅。ネットで欲しいものを通販購入。

◇ドラクエ日和。今回のゲームは噂ではクソゲーという話もあるようだが、やりはじめて、怒る人たちの気持ちも分かる。まずこれは、今回はじめてトライする人たちにも出来るように敵キャラが弱すぎる。ほとんど全滅もなく進められる。動かしはじめて、すぐ感じることは、作りが手慣れすぎていて、事務作業的に感じることだ。ドラクエはロールプレイングゲームとして、新しいエンターティメントを開拓したものであり、僕たちは、その開拓を一緒に楽しみながら付き合ってきた。それが、プロによる抜かりのないシステムになってしまったのだ。堀井さんの遊びや、意外性のアイデアや、鳥井明さんの楽しみながらキャラ作りしている雰囲気がほとんど感じられずに、単なるビジネスになってしまった。ストーリー展開も、これまでのものの焼き直しだ。始める時に「さっさか終わらせてしまおう」という気持ちしかなれないのは、寂しい。

7月19日(日)
◇ドラクエ連休。あっという間に、暗黒皇帝ガナサダイに勝ってしまう。もうほとんど終盤のはずだが、全滅させられることもなく一度でクリアー。転職システムも、あまり意味がない。さっさと終わらせて、連休明けから仕事だ。

2009年07月12日

一週間の日記 7月6日から7月12日まで

7月6日(月)
◇築地のBPSへ港くん訪問。港とはインターネット以前からの付き合いで、僕が「おしゃべり放送局」という有線放送の1チャンネルをもらって、誰でもDJが出来る放送局をやってた時に、有線放送のCANを紹介してくれた男。まぁも波瀾万丈の男である。新しいシステムを見せてもらったあと、港の友人たちと食事。乗っていた飛行機のエンジンが止まった経験を話した人がいて、面白かった。

◇試しにtwitterの書き込みを週刊で編集してみた。
★twitter日記
53.
◇林試の森には僕のマザーツリーがいて、挨拶。書を捨てて雨の日の森に行こう。 .11:27 AM Jul 6th APIで

◇夏の良い雨。わさわざ林試の森を歩いて駅に向かう。 .11:17 AM Jul 6th APIで

◇甘えと余裕の境目が難しい。 .10:42 AM Jul 6th APIで

7月7日(火)
◇NECの松永さん来社。新しいシステムの話などを聞かせてもらう。

★twitter日記
◇ テレビは事件を待ち望んでいる。テレビは事件が好きなんだ! テレビを見る人もまた。11:54 PM Jul 7th webで

◇ちっとも自由でないフリーペーパー。11:54 PM Jul 7th webで

◇ストーカーと純愛は紙一重だ。11:52 PM Jul 7th webで

◇商売より面白いことがあることを知らない奴が商売に夢中になる。11:52 PM Jul 7th webで

◇少子化対策の予算を自殺防止の予算として使うべきだろう。11:51 PM Jul 7th webで

◇思い出とは、椎名林檎の黒子。11:50 PM Jul 7th webで

◇書いた瞬間は二度と戻らないが、読む瞬間は何度でも訪れる。11:48 PM Jul 7th webで

◇落ちこぼれという言葉は、落とす側の言葉だ。11:48 PM Jul 7th webで

◇声なき声は情けなき声11:45 PM Jul 7th webで

◇4k8kで何を映し出すかが問題になってくるな。10:56 PM Jul 7th webで

7月8日(水)
◇一日、企画書書いたり、書類まとめたり。

◇twitter新聞を企画した。つまりtwitterはみんな「書く」ことに意味を持っているようだが、読む側に立ってみるといろいろ面白いことが分かる。フォローされることにではなく、フォローすることに意味を持たせる。面白いフレーズをみつけたらフォローする。フォローした人がフォローしているものは確率的に面白い。そうやってフォローをしていて、つまらないと思ったものはフォローをはずしていけばよい。知ってる人だと一度フォローしたものを外すとなんとなく申し訳ないが(笑)最初から知らない人であれば問題なし。さうやっていくと、面白い日常フレーズだけが読めるはずだ。つまり、この方式を使えば、例えば大手新聞であれば、新聞記者がそれぞれtwitterで記事を配信する。読者は、面白い記事なり自分に合った記事を書く記者だけフォローする。そうすれば、個人が編集したユニット型の新聞が出来る。現在のように、整理部が整理された紙面というのがなくなる。もし、ネットで新聞配信をするのであれば、この方式がベストだと思う。

★twitter日記
◇花という字は、草が化けると書く。化け物だらけの季節。6:12 PM Jul 8th webで

◇選挙の事前アンケートの電話がかかってきた。無差別ランダムなコールだろう。相手は自動で音声ながして何党に投票するか聞いてくる。ふざけるな、と思う僕みたいな人の思いはこうしたアンケートの結果には反映されない。3:43 PM Jul 8th webで

◇神様の奇跡で救われた人の数よりも神様を理由にして殺された人の方が多いはずだ。12:10 PM Jul 8th webで

◇twitterでロックすることは可能か(笑)11:24 AM Jul 8th webで

◇悲しいことがあったら、激しく悲しまないと、損だ。11:23 AM Jul 8th webで

7月9日(木)
◇オンブック会議。市川編集長がオンブックtwitterをはじめたので、フォローよろしく。

▼twitterオンブック


◇平岡正明の死。18才の僕にとって、平岡さんはスーパーアイドルだった。「犯罪あるいは革命に関する諸章/現代思潮社」は僕にとってバイブルであり詩集であり文章読本だった。当時やってたミニコミでは、平岡風の文体をまねたものだ。政治を文学化する、文学を音楽化するなどの東京人のひねり技が好きだった。山口百恵論以後はまったく興味がなかったが、60年代の時代のモアレを描いていた大事な一人であったのには違いない。合掌。

◇小柳くん来社。お互いバテてるので、食事もせずに打ち合わせだけ。

★twitter日記
◇奥の細道、ツィッターの旅をしたい。 .8:11 PM Jul 9th APIで

◇少数民族って、何人から?6:46 PM Jul 9th webで

◇平岡正明さん、さようなら。哀しい。 .3:58 PM Jul 9th APIで

◇食後のツィッター。 .12:25 PM Jul 9th APIで

◇地球規模の、ええじゃないかが始まる。 .12:25 PM Jul 9th APIで

◇いばる奴は、いばらの道さ。 .12:23 PM Jul 9th APIで

◇鐘は外鳴り、鈴は内鳴り。10:56 AM Jul 9th webで

◇鳥が空を飛べるようになるまで何年かかったのだ。8:47 AM Jul 9th webで

◇貨幣制度から一番遠いところにいる人を詩人と呼ぶ。8:40 AM Jul 9th webで

◇「分かる奴には何も言わなくても分かる。分からない奴には何を言っても分からない」by真崎・守12:53 AM Jul 9th webで

◇暑いので、熱いお茶を飲んだら、ますます暑くなった。うえー12:50 AM Jul 9th webで

◇自分の本音を、自分で気づいていないことがある。12:25 AM Jul 9th webで

7月10日(金)
◇原稿書き。僕は結局、物書きなんだと、仲間たちに言うと、みんな「そんなの分かってますよ」と。

◇みんなでmoonwalk。参加型メディアというのは、こういうような「お題」を出すことなんだ。

▼eternalmoonwalk

★twitter日記
◇メディアマン・カフェやりたい。編集者とかプロデューサーが集まるカフェ。10:39 PM Jul 10th webで

◇ 明日の夜は「メディア問題ライブ」だが、昼間は同じ高円寺で村松恒平の出版パーティがある。さっき、ドキュメンタリー映画『花と兵隊』の試写会のお誘いがきた。無理だ。7:39 PM Jul 10th webで

◇スーパーで食品を買うときは棚の奥の方にあるのを買う。期限切れに近い古い商品から前列に並べるのは常識。7:33 PM Jul 10th webで

◇ #KOTOBA Others are best thought of as a different species3:37 PM Jul 10th webで

◇今年の夏フェスロックインは、8月2日に行きます。ピーズとホフとエレカシ狙いです。3:01 PM Jul 10th webで

◇頭にカビのはえる季節だ。2:00 PM Jul 10th webで

◇モンハンは今日でやめる。一人で戦うのは限界だ。明日からドラクエか。ドラクエの実況ツィッターが出るかな。11:37 AM Jul 10th movatwitterで

7月11日(土)
◇高円寺のSALON by marbletoronで、村松恒平くんのパーティ。高橋キンタローくんと、何十年ぶりの再会。やんちゃな少年は永遠。つなぶちくんや、片岡理恵ちゃん、カシオの青木くんら、顔なじみの面々がいて、やすらぐ。

◇そのあと、高円寺ガード下での「メディア問題ライブ」。コバヘンと橘川のトークライブで観客は30人ほど。いやあ、楽しかったですね。2時間ばかりしゃべりすぎ。コバヘン、またやろうぜ。

▼メディア問題

★twitter日記
◇星空の守り人をゲット。渋谷のヤマダ電機。ヤマダはポイントがたまる。DSiの赤いのも買ってしまった。1:43 PM Jul 11th movatwitterで

◇飼い主にそっくりな顔した犬を連れて散歩してる人が多い。9:27 AM Jul 11th webで

◇twitterって、自分で雑誌が編集出来る。新聞か。これって、70年代に僕がロッキングオンをそうしたかったことだ(笑)9:26 AM Jul 11th webで

7月12日(日)
◇朝から、ドラクエ9をやる。任天堂とスクエニの戦略なんだろう、初心者に合わせてあって、一度も全滅されられることもなく、ボスキャラを倒し続けられる。モンハンの強すぎる敵キャラには閉口したが、あまりにチョロすぎて、これも閉口(笑)。しかし、ドラクエとFFは1作目から付き合ってるわけで、ここでやめてしまうわけにもいかない。

◇午後から品川の両親のところへ。今度、温泉に行こうかという話になる。

★twitter日記
◇品川の倉庫街にある東西物流でガレージセールやってる。約4時間前 movatwitterで

◇品川のケアーハウスにいる両親の所へ行く。お土産はすいか。約4時間前 movatwitterで

◇しかし、DSって、親指が痛くなる。タッチペンの対応になったけど、操作しにくい。DSの指事故って、結構、多いんじゃないか。そういえばwiiで筋肉痛めた奴も多かったな(笑)約8時間前 webで

◇ドラクエ開始。黒仮面は弱い。これから、ばあやに会ってくる。約8時間前 webで

2009年07月05日

一週間の日記 6月29日から7月5日まで

6月29日(月)
◇御成門のペーパーメディア研究所(ペメ研)でプレゼンテーション。説明する相手がいると、頭脳の回転が速まる。まして初対面の方だと緊張感あってなおさらよし。

6月30日(火)
◇博多のリーフラス・桃原さんが来社。リーフラスは創業6年で、九州のグルナビ人気ランキング4位になってしまった。普通の人は誰も知らないのに学生の間で口コミで人気が高まっている。正社員300人。とても面白いソーシャル・ビジネスだ。東京事務所が自由が丘に出来たので、ご近所だ。桃原さんとイタメシ・ランチ。

リーフラス

◇滑川と渋谷ハチ公前で待ち合わせ。携帯で「着いた」とメールがあったが、滑川とは最近twitterの話題が多いので「着いた」が「twitter」に見えた。喫茶店で打ち合わせ。橘川の深呼吸英語版を滑川に頼んで、アメリカのアマゾンのオンブック出版の手配をしてもらっている。アマゾンの担当者がやけに親切で、オンブックの市川みたいなのがアマゾンにもいるんだなあ、と滑川と笑う。

◇高円寺に向かい、高円寺プラットホームへ。今日は電通のソーシャル・プランニング局の上條局長ら10人くらいの電通マンを集めて、社外プレゼン・パーティ。東洋経済でも特集されていたが、ソーシャル・プランニング局は昨年出来た、電通の新しい部署。今日は橘川の案内で高円寺へ。今日のメニューは、1.高円寺プラットホーム(太田くん)、2.ニコニコ生放送(深水+長田座高くん)3.bloblo(橘川)と、豪華メニュー。みなさん、面白がっていた。ニコ生は、メディアに関わっていた人間なら、何かやりたくなるようなシステムだ。

◇終了後、パーミィで宴会。今日は電通の遠足だな(笑)。途中、リーフラスの桃原さんも読んで、リーフラスの新しさを説明する。千代田プラットホームの藤倉くんも合流。わいわいと高円寺の夜が更ける。

◇橘川は、明日、講演会があるのでレジュメの準備があり、9時に引き上げたが、みんなは延々とおしゃべりしていたようだ。

7月1日(水)
◇品川のKDDIへ。KDDI総研で社内向けレクチャーだったのだが、昨日、夜中に書いたレジュメを持ってくるのを忘れた(笑)。カミさんに電話して、メモ部分だけ携帯で送ってもらう。図版とか用意したのに、それはなしだ。実際、はじまると、即興で展開してしまったのでレジュメは意味なかった。今回は、古いマーケティング仲間である砂川肇さんが設定してくれた。砂川さんは70年代後半くらい、トヨタのシンクタンクであった現代文化研究所にいた頃、仕事させてもらったりした。まだトヨタ自販の頃だな。

◇2年ぐらい前の正月に、2ちゃんねるで「若者の自動車離れはほんとうか」というテーマで盛り上がったことがあるが、そのネタは西日本新聞の正月の新聞に掲載された記事だった。それは、なんと僕のインタビュー記事だったのだ。友だちは「橘川幸夫の名前が2ちゃんねる」にたくさん出てるよ、言ってたが、本人のことは全く問題にされなかった(笑)。なんで僕のところに西日本新聞社が取材に来たかというと、70年代後半から90年代前半頃まで、僕は自動車工業界の会報や新道路産業機構や現文研の雑誌に原稿を書いていたからだ。タクシー業界の雑誌にも連載してた。その辺の資料を記者が見たというわけだ。

◇自動車のことにはほとんど関心がないが、若者論については、長いフィールドワークの実績がある。今、周平と「若者論」についての原稿をまとめているところだ。版元は決まってないが(笑)。60年代から現在まで、若い世代の意識がどのような変遷したかを見ていくことが、現代の多くの課題を浮かび上がらせることになるはずだ。時代の希望も絶望もすべて若い心にある。

7月2日(木)
◇オンブック会議。新刊の『政治は歌になる』は、衆議院選の立候補予定者の牧島かれんさんが著者。選挙に出る人は、せめて書籍で自分の考えとプロフィールをきちんと表現すべきだと思います。

『政治は歌になる』牧島かれん

◇なお、オンブックは日販の関連会社である日販IPSと業務提携しましたので、今後、市販される本は日販IPS経由で全国書店に流れることになりました。

◇オンデマンドで、亀ちゃんのライフワークである「食道楽」の夏編が出ました。これは、明治の頃に報知新聞で連載して、大ベストセラーになった村井弦斎の本の現代語訳。当時のハイセンスなグルメ情報と恋愛物語があわさった画期的な本です。亀ちゃん、忙しい中、このライフワークだけはしっかりとやっている。

『食道楽 −夏之巻−』村井弦斎/亀田武嗣・訳

◇社団法人日本仲裁人協会の会報も2冊目が出ました。この協会は、例えばネット上の通販のトラブルなど、金額が低いので弁護士に頼むわけにもいかないというケースが増えます。そうした小さなトラブルから国家間の紛争まで、これまでの法制度では対応仕切れない紛争を仲裁するために作られました。ADRフォーラムのADRとは「裁判外の紛争解決手段」ということです。こうした新しい財団の活動のお手伝いを出来るのも嬉しいものです。

『仲裁・ADRフォーラム vol.2』社団法人日本仲裁人協会・編

◇五反田の空へ行く。北田くん、遠藤くんらと、キャリアリンクの若江さんらが集まって打ち合わせ。みんな関西の仲間です。

キャリアリンク

◇事務所に帰って、西山会計士と打ち合わせ。デメ研の決算処理。終了後、西山、カミさんと3人で「天悠」で食事。7月のメニューに変わったところで、おいしい。西山とは、とても古い関係で、腐れ縁。社会的事件があると、ある意味、一番内部情報を知っているのは、その会社の会計士だったりする。西山は慶応の学生時代に公認会計士になって、三越の社長解任の時に三越やってたり、企業や経営者の絶頂期や崩壊期をたくさん見てきている。

7月3日(金)
◇今日は、高円寺で「ガジェ音」ライブだ。高円寺に行くと、四本や妹尾親子、山崎潤一郎くんに、すがやみつるさん(「ゲームセンターあらし」で有名なマンガ家)まで来てる。シンセサイザーの音は、とても懐かしい。70年代のある時期、僕はタンジェリンドリームやクラウスシュルツの音ばかり聞いていたことがあるのだ。

ガジェ音

7月4日(土)
◇ぶらぶらと自由が丘を散歩。僕が学生の時は小さな町だったが、ゆっくり住宅街の方にお店が浸透していく。魚菜学園の裏にあったスペイン料理のHoboは、もうないな。いろん奴といろんな時期に行った店だ。そうか、今ある店は検索すれば出てくるが、もう消えてしまった店は検索しても、まず出てこない。昔、パソコン通信の時代に、僕は「記憶の骨董屋」というボードを作ったことがある。これは、現実にはないけど、記憶の中にある商品や店を紹介するボードだった。「記憶のインターネット」みたいなものが出来ないだろうか。グーグルマップを使って、今はないけど、昔あった店と思い出だけを書き込み出来る世界地図やグルナビみたいなもの。使えないインターネット(笑)。

◇インターネットは、まだたかだか文明の利器でしかない。この中から文化が胚胎するかどうかは、一人一人の個人の力にかかっている。twitterも、最初は、「電車降りたよ」みたいな伝言だったけど、だんだん表現になってくると思う。深呼吸する言葉は、まさに、twitterという文明を待ち受けていた文化なんだな。

とゆーことで、橘川のtwitter

◇モンハンは、Gまで行けない。一人では限度か。もうすぐ、ドラクエが出るから、モンハンは投了するかな。

7月5日(日)
◇星野晶子さんからメールで紹介された、Stand By Me。YouTubeには昨年秋に登録されてるようだね。四本が「遠隔ライブ」の話を聞かせてくれたが、こういうのはいいね。エリオット・グラパパに会いたい!

Stand By Me | Playing For Change | Song Around The World

◇朝からテレビでは、宮崎知事が出ていて、やだやだ。テレビのスタッフが自分たちの世界だけで番組作ってるところが、またやだ。報道なんかではありゃしない。テレビは、どうして、新しい人材を捜そうとしないで、古い友だち関係のようなネットワークで番組を作ろうとするのだろうか。

◇それにしても、東国原さんの中央権力志向は、何か変。彼は宮崎が嫌いなんではないだろうか。マンゴーの宣伝はしたけど、彼は、彼が育った故郷の素晴らしさや、家族や子どもの頃の友だちがまるでテレビで紹介されない。よそ者の営業マンが営業しているだけで、そこで生まれたものしか伝えられない素晴らしさを伝えようとしていないように思える。

◇手頃なカバンを探しに銀座へ。モノショップに寄ると閉店セールやってる。モノマガジンが運営している店だ。そうか、もう出来てから25年経つのか。モノマガジンで紹介されていた変な商品や、オリジナル商品が売られている店で、時々覗いていた。25年前ごろから20年近く、土井くんがモノマガジンを送ってくれていたんだけど、5年くらい前から届かなくなった。今時、贈呈なんかする余裕のある出版社はないんだろう。「ぴあ」も10年くらいに贈呈中止になった。雑誌をメインにしている出版社は、広告激減と情報のスピードではインターネットにかなわないから、大変だろう。全品半額なので、ドタドタと漁る。

◇個性的な喫茶店が街から消えてスタバやドトールばかりになる。無印良品やユニクロの店も、ものすごい勢いで増殖してる。やはり「記憶の骨董屋」はやりたいな。ビジネスモデルはなしだが(笑)。協力者求む。