rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2009年06月29日

一週間の日記 6月22日から6月28日まで

6月22日(月)
◇事務処理に追われる。

◇気分転換に買い物。

◇気分転換に原稿執筆。

6月23日(火)
◇アクセスワークの富山さん来社。

◇日販でODECOについての会議。

◇アップフロンティアの花本さん、大田さんが来社。市川も参加して、iPhoneコンテンツについて、オンブックと一緒に出来ることを検討。とりあえず橘川の深呼吸をiPhone化する。そのあと、みんなで近くの韓国料理屋でわいわいと会食。

6月24日(水)
◇野沢さんの新しい事務所を訪問。神田外語の本部のすぐそば。

◇恵比寿駅前交番の前は喫煙スペースになっていて、モクチュウの皆様がタバコ呼吸している。ペメ研の青山さんもヘビースモーカーなので、交番のところで待ち合わせをしたら、やはりここにいた。二人で、メタブレーンの太田さんを訪問。新しい企画について打ち合わせ。

◇秋葉原クロスメディアの鈴木さんが来社。亀田くんも同席して打ち合わせ。鈴木さんは、昔、鹿島建設にいて、日本で最初の「サテライトオフィス」を作った人。橘川の「企画書」を読んで連絡をくれて、以来の親友。昔は赤坂の鹿島建設を訪問すると、事務の女性に「鈴木さん、またネクタイない人が来てますよ」と言われたようだ(笑)。

6月25日(木)
◇オンブック会議。中村さんがハワイに行ってたので、お土産にアロハもらう。新刊は『幻の…逆襲しない猛虎2009 熱狂の終焉』。トラキチの皆さんは、パワフルですね。昨年についで2冊目の刊行。こういうシリーズがオンデマンドの役割ではないかと思う。

『幻の…逆襲しない猛虎2009 熱狂の終焉』春B伝

◇新橋で富山さんに資料を渡す。新橋駅前のビルは、昔から少しも変わらない雑居感がよいな。

◇汐留のタワーにいるオリコムの岩崎くんと、SL前で待ち合わせ。岩崎くんは、高校生の頃にロッキングオン読んでて、今でも70年代のロッキングオンを時々読み直すというから、とんでもない奴だ(笑)。出世してメディア局長に。飲みに行きましょうというので、アルコールはドクターストップなんだよ、というと悲しそうな顔をする。悲しいのはオレだ。それでもタクシーに乗せられて新宿に連れていかれる。

◇三丁目の池林房の裏側に「貝料理専門店 はまぐり」がある。前から気になっていたが入ったことはなかった。岩崎も入ったことはなかったようだが、ここに行くことになった。店に入るとまず、貝の煮汁がグラスで。これを飲むと悪酔いしないようだ。本当に貝しかメニューにない。おいしいが、飽きるね(笑)。店長さんに名刺をもらったが、店名の他に「下関市王司小学校卒」「元UFO研究家」とある。「元」というのは何だろう。

◇そのあと、岩崎がどうしても連れていきたい、というのでついていくとロックバーだった。「upset the apple-cart」という店で、入ると紙を渡されて、聞きたい曲を書いてちぎって渡すと、流してくれる。パソコンと連動してるので、入力するとかかる仕組みだ。落ち着いた良い店なので、新宿に行った人は寄ってみてください。

upset the apple-cart

◇岩崎と話していると、もう数年は会ってないはずなのに、やたらと僕の近況を知ってる。なんでかと聞いたら「ああ、橘川さんの日記や深呼吸はみんなチェックしてますから」と(笑)。うちのカミさんは、橘川がネットに書いたものはいっさい読まないから、たぶん、カミさんより僕の最近の動きを知ってるかも知れない(笑)。それで、店を出て、もう終わりかと思ったら、もう一軒つきあってください、とゴールデン街へ連れていかれる。

◇僕の二十歳あたりは、ゴールデン街が生活の中心だった。何しろ、ゴールデン街へ行くために定期を買ってたぐらいだから。「もっさん」「淵」「比丘尼」「五十鈴」「ゴールデンゲイト」「ラジャ」「吐夢」など、今はない店が懐かしい。裏道を入って、とんでもないところに入口がある店に連れていかれると、岩崎のなじみの店だった。ママの顔を見て、あれ? どこかで見覚えがあるなぁ、と思ったら、ももこさんだった。「こう路」という店をやっていて、僕は常連ではなかったが、放送批評懇談会の連中がよく行ってる店で、80年前後に、みんなでよく行った店だ。僕の最初の単行本「企画書」の出版パーティにも来てくれたはずだ。「橘川さんでしょ? おととい、永田さん小見野さん大江さんが来てたのよ」と。永田さんはニッポン放送、小見野さんは80年当時、放送批評懇談会の事務局にいて、大江さんも、みんな当時の仲間たちだ。

◇いやあ、どこで、どうつながってるか分からないね。アルコールだめなので、一人で先に店を出て、永田さんに電話してみる。「こう路に行ったんだ、今度、一緒に行きましょう。橘川さんの日記は毎週読んでるからね」と(笑)。同じ店の常連同士が、お互い知らないけど、実は、僕の週刊日記を読んでいる仲だっとは。

6月26日(金)
◇千代田プラットホームで、鈴木さん藤倉くんら、多数が集まって会議。行政に対する提案作業を連絡とりあってやろうということになった。

◇来月から高円寺プラットホームの方も、いろいろとイベントがはじまるので忙しくなる。橘川のリアルテキスト塾、面白いから、参加してください。僕の知り合いは参加しなくてよいから、若い後輩を推薦してください。はっきり言って、橘川の脳漿(のうしょう)は、人生で一番活性化しているというか沸騰している(笑)

高円寺ガード下大学

◇市ヶ谷のアルカディアで田尾宏文さんのお別れの会。桂木さんや吉野くん、長野の清水くんら、懐かしい顔が見える。最後の挨拶を行う。「田尾さんと確かめた共通認識はこういうものでした。解決しなければならない問題は3つある。個人で解決しなければならない問題、組織(会社)や地域で解決しなければならない問題、社会システムとして解決しなければならない問題、これらを個別に解決しようとするのではなく、同時に解決を目指さなければならない。これが僕と田尾さんの世界同時革命論でした。みなさまも、田尾さんの笑顔と思いを忘れずに、これからの人生をお過ごしください」。田尾さんとやりかけた、企業内ニート(企業ウツ病)の問題は、引き続き追求します。

6月27日(土)
◇暑い。一日、事務処理に追われる。やってもやっても終わらない。

6月28日(日)
◇渋谷に出て、沢田美佐子さんと会う。沢田さんが本を読めなくなった、と言っていたので、同調する。「凄く面白い本で、昔なら一気に読めた本でも、少しずつしか読めない」と。僕もまったく同じ。平山蘆江の「東京おぼえ帳」は、とても面白くて示唆的な本で、昔なら一晩で読めたのに、1エピソードずつしか読めない。年齢の問題だろうか、それとも、本というメディアの側の問題だろうか。本が売れない理由が、何か、人間の生理の側の変容とかかわっているのだとしたら、やっかいなことだな。

2009年06月22日

一週間の日記 6月15日から6月21日まで

6月15日(月)
◇twitterがアメリカでブレイクして、日本でも広がってきた。深呼吸する言葉に最適な文字数と機能なので、使ってみる。

▼橘川のtwitter

◇これで、「携帯で深呼吸を書く」「一日一本選んで、はてなブログに掲載」「まとまったら単行本」という流れが出来そうだ。

◇プロレスラーの三沢光晴さんの死は、リングで殺される恐怖よりも、リングで殺してしまう恐怖を感じた。齋藤さんは、これから大変だろう。僕は、昔のプロレスファンで、中学生の頃は東京スポーツが読みたくて毎日、駅まで走った。一番好きだった選手は、ドンレオジョナサン。なので、プロレス興行界が支離滅裂の戦国時代になってからは興味なかった。三沢さんの名前は、グリコが8人いる自分の女の一人に声かけただけの相手に怒って、学校の廊下で、三沢のエメラルド・フロウジョンをかけたシーンが強烈。毎日のように時代が死んで行く。生きるとは死んで行く者を見送るだけのことか。黙祷。

6月16日(火)
◇池袋の島根歯科へ。今日は、いつもの島根先生、キズナの高崎くん、橘川の他に村松くん、滑川海彦(テッククランチ翻訳人)と山崎潤一郎くんが来ました。山崎くんとは、もう何年ぶりだろう、懐かしい。最近、マネトロンという、iPhoneアプリを出して世界中で一部評判(笑)

▼マネトロン

6月17日(水)
◇父親が病院の定期検査なので、母親のサポートで朝から品川へ行く。寝てる時間が多い母親のために、「お風呂ブラビア」を買っていく。昼間、カミさんが来て、交代。

◇品川から目黒経由南北線で、故郷の四谷に降りた。文鳥堂がない。というより、野原ビルはシャッターおろしたままの店ばかりで、大丈夫か。しかしびっくり、来々軒がない。新道通りの来々軒が潰れた時はショックだった。高校生の時、よく銭湯帰りに来々軒に来て水餃子を食べた。駅前の本店だけになっても、行けば、水餃子を食べた。1年ぐらい前にはあったはず。たぶん、あのビルは来々軒のビルで、駅前で中華屋をやるより、貸店舗にして家賃だけとった方が儲かるのだろうか。恵比寿の駅前の古本屋も、なんかそんな感じで廃業した。自分で働くよりも、家賃収入の方が儲かるなんて、なんかおかしい社会だ。借りる方は、家賃を払わなければならないから、合理化と過酷な労働を強いる。

◇JAZZ喫茶のイーグルは、昔とは違う場所だけど、生き延びている。深夜に四谷周辺を回っていた屋台のラーメンもよく食べたが、今では「支那そば屋 こうや」として四谷名物になっている。

◇少し時間があったので、四谷から市ヶ谷まで歩く。子どもの頃は堀端の石垣の上を歩いたものだが、今では誰も歩かないようだ。草が壮大に茂っている。市ヶ谷駅前のお堀には釣り堀があって、ここでは釣った魚の重さでお金をくれたものだが、今はそういうのなしなのだろうか。同級生で、大学時代、パチンコ屋の代わりに釣り堀で稼ぐことを覚えた奴がいて、そのまま釣り道具屋さんに勤めたという噂の男がいた。

◇市ヶ谷からお茶の水の日販へ。十勝の後藤健市くん、亀田くん、日販で柴田くんとで会い、社員食堂で打ち合わせ。

6月18日(木)
◇ペーパーメディア研究所(ペメ研)の青山さんが来社して、ランチ・ミーティング。

◇オンブックの会議。

6月19日(金)
◇決算処理とゲーム。

6月20日(土)
◇喫茶店にいたら、じい様二人が政治論議。政府のやってることはおかしい。エコ家電やエコカー買った人に税金ばらまくって、そんなの家電メーカーや自動車会社、それと簡単に自動車な冷蔵庫を買い替えられる金持ちだけが得する。そんな金があるなら、豆腐や米の消費税をなくして欲しい、と。じい様パワーが選挙でどう出るか。

6月21日(日)
◇メタブレーンの太田さんに事務所に来てもらい、もろもろ相談。作業で困った時は太田さんに相談する。

2009年06月14日

一週間の日記 6月8日から6月14日まで

6月8日(月)
◇亀ちゃんから「倒れる」とメールあり。一瞬、田尾さんのことを思い浮かべて焦る。結石のようだった。こないだの滑川と同じだ。石はたまるんだな。しばらく休養。そういえば、この日は、早朝に僕の恩人から電話あって、手足がしびれて痛いと。弟が病院に勤めていると、いろんな相談が入ってくる。

◇日本橋の三井不動産へ。「地活な人々」の続編の企画会議。地域の活性化で頑張っている人の情報あったらください。どんな小さなことでも良いから、オリジナルで、特に若い人の活動情報が欲しいです。

地活な人々

◇お茶の水の日販に6名ほど集まって会議。僕が今一番やりたいプロジェクトだ。早く具体化したい。

◇千代田プラットホームで、藤倉君たちと豊島区役所の人たちが集まってブレスト。「ときわ荘」を中心とした地域活性化のアイデア出し。企画が重層化してくる日々は、自分と社会の流れが一致している時。

◇なんだか頭が痛くて、なんだろうなんだろうと思って、長風呂に入りすぎたのだろうかと思ったが、原因分かった。先週末、モンハンやりすぎたんだ(笑)。モンハンは1セッション50分なので、1セッションだけやっていたのだが、土日、結構、延々とやっていた。画面に集中しすぎると頭が痛くなってくる。

6月9日(火)
◇みんなの学校は、高円寺ガード下大学(通称・ガー大)として、再スタート。コバヘン+橘川のトークライブや、DS10のシンセサイザー・ライブなど、パワフルに攻めます。席に限りがあるから、参加者はお早めに申し込んでください。また、ガー大で講座やりたい人も連絡ください。

ガー大

6月10日(水)
◇御成門の東和デュプロで打ち合わせ。面白すぎる案件。なんだか、時代の流れが急速に速まっているな。

6月11日(木)
◇かちどき橋の近くにある「GT」に行く。電通の有名なクリエイターだった田中徹さんの事務所だ。そういえば、20年近く前、電通の藤岡和賀夫さんの個人事務所も、このビルにあって、レクチャーに呼ばれたことがあったな。クレイン館の安部さんがコーディネーターで。電通の人は、辞めても築地あたりに事務所を構えることが多い。聖路加でも汐留でもなく、電通はやはり築地だ。

GT

◇帰りに昼飯ということで、電通の田中くんと築地の場外でオムハヤシを食べる。築地のメシはコクがある。

◇事務所に帰って、オンブックの打ち合わせ。今年は、市販本にも力をいれていく。深呼吸和歌集の7冊目「real/ゆみこ」が出る。女性の深呼吸には、どくとくに体温が感じられる。すこしずつ、深呼吸が広がっていくと良いな。

深呼吸和歌集 No.7「real」

◇再び銀座へ。IHI(旧・石川島播磨)ビジネスサポートの会議室で、千代田フォーラムの勉強会で講演。元ぴあ総研の校条さんのコーディネート。異業種の集まりだが、実にこうした講演を280回も続けているらしい。人数は少ないが、東京電力の顧問の方や大学教授など僕より年長の人ばかり。いつもの調子でしゃべりまくったが、なんか受けてた(笑)。終了後、近所の居酒屋で打ち上げ。

6月12日(金)
◇事務所で打ち合わせ。決算書類の不明点が山のようにあると経理事務所から連絡。週末作業。

◇鳩山邦夫さん退任。鳩山さんって、確か、亀ちゃんが大昔、運転手やってたんじゃなかったっけ。テレビを見ていたら「今回のことは、どちらが正しいか歴史が証明する。歴史というのは1年以内」と言ってた。それは歴史じゃなくて、政権交代があったら、郵政民営化の暗部をさらけ出すぞ、という風に聞こえた。テレビが面白いのは、司会やコメンテーターのもっともらしい説明ではなく、こういう生の人間の本音が垣間見えてしまうこと。日本にはちゃんとした政権交代がなかったが、韓国の例を見れば分かるように、政権変わるということは前政権の暗部が白日の下にさらされることになる。それは期待半分、恐怖半分。国民が期待しているのは民主党ではなく、このことだけだろう。でもやりすぎると社会が崩壊する。

6月13日(土)
◇泥付きらっきょうを買ってきて、ゴシゴシ洗って薄皮向いて漬ける。インターネットが最大の効果を発揮したのは料理情報ではないか。料理研究家ではなくても、日本中のいろんな生活者がレシピを公開している。

◇バジリコ向けの単行本の原稿を仕上げる。新しい趣向の本なので、どうだろう。とりあえず、安藤くんに送る。

◇今年はたくさん本を書く。そういうふうに決めてある。

6月14日(日)
◇裸で過ごす日曜日。

2009年06月07日

一週間の日記 6月1日から6月7日まで

6月1日(月)
◇富山さん来社。古い付き合いの広告営業マン。

◇司法書士の槙野さん来社。会社の書類関係の変更。会社というのは面倒な上にお金がかかる。

◇高円寺の駅前で、バジリコの安藤くんと打ち合わせ。出版界の通の人たちで、安藤くんの編集を評価する人が多い。僕とは90年ぐらいのパソコン通信の時代の仲間だ。その後、安藤くんを高円寺プラットフォームに連れていく。

◇高円寺のパール街をブラブラして帰る。古着屋とか花屋が多い町だ。小さなグリーンを一つ買う。

6月2日(火)
◇九段下のスローワークへ。田尾さんの奥さんや、桂木さんなどが待っている。桂木さんに「橘川、太ったなあ」と開口一番。桂木さんとは、1980年のはじめの頃、筑波大学で行われた国際価値会議で会った。僕はスピーカーの方で、桂木さんは取材に来ていた。それ以来、不思議な因縁のある人。田尾宏文さんに会ったのも、最初は広尾にあった桂木さんの事務所(ミネルバ)だった。ミネルバの梟、のミネルバ。

◇田尾さんは、故郷の五島列島に帰省中、酒を飲んで二階の窓から転落したとのこと。ああ、田尾さん、なんてことを。今年は「企業内ニート」の問題を本格的にやろうとしていたところだ。一緒に走ってたランナーが突然、視界から消えた。もう、なんて言っていいか分からない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
謹啓 初夏の候 みなさまご清祥のことと存じます

さて、タウンタウン株式会社代表取締役であり、NPO法人ニュースタート事務局
における「引きこもり」の若者支援、文部科学省「教育コンテンツ・プラットフォーム
(ODECO)」など、多彩な活動に取り組んでこられた田尾宏文さんが、2009年5月22日、
長崎県五島のご実家に帰省中、転落事故により急逝されました。
享年64歳。
早すぎる死を悼むとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

ご葬儀は五島にて、過日滞りなく相済まされておりますが、
田尾さんのお人柄を偲ぶとともに、その志を継承する場として
「お別れの会」を執り行うこととなりました。

下記、ご案内申し上げます。
多くの皆さまのご参集をお待ちしております。
謹白

2009年6月

                記

【田尾宏文さんお別れの会】

日時: 2009年6月26日(金)午後6時30分から
(受付開始:午後6時)

場所: アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階「穂高」
東京都千代田区九段北4-2-25
tel. 03-3261-9921
http://www.arcadia-jp.org/access.htm

会費: 7,000円 (当日申し受けます)

※当日はお名刺を2枚、ご用意ください。
※平服でご参席くださいますようお願いいたします。

ご連絡:

ご出席の場合は、お手数ながら 6月20日(土)までに
下部のフォームにて、ご返信ください
(返信は 0626@town-town.co.jp 宛にお願いいたします)

発起人(順不同)

桂木 行人 株式会社メディアエンジニアリング 代表
橘川 幸夫 株式会社デジタルメディア研究所 所長
西山 裕  有限会社イメージウェア 代表
豊崎 康弘 株式会社スローワーク 代表代行
高林 寛昭 株式会社タウンタウン

喪主 田尾泰子(敬称略)


↓ キリトリ部分の空欄にご記入の上、電子メールにて、以下のアドレスまで
ご返信ください。

返信先 : 0626@town-town.co.jp 

事務手続きの都合上、「6月20日(土)」までにご返信をお願い致します。


---------------------(キリトリ)---------------------

田尾宏文さん「お別れの会」 事務局 宛

田尾宏文さん「お別れの会」に出席いたします

会社名/団体名【            】
部署名/肩書き【            】
お名前    【            】

お別れにあたり、メッセージがございましたらお願い致します。
【                          

---------------------(キリトリ)---------------------

===============================================
田尾宏文さん「お別れの会」 事務局

〒272-0134 市川市入船1-23第五東成ビル202
タウンタウン株式会社内

Tel: 047-307-3675 Fax: 047-359-7054
E-mail: 0626@town-town.co.jp
===============================================


6月3日(水)
◇錦糸町の駅前で、山下兄弟と待ち合わせ。山下卓は、相変わらず遅刻。電車の中で寝てしまったって、作家なんだから、もうすこしシャレた言い訳を考えろ。山下兄は東大の准教授。バジリコに行き、長廻さんと、打ち合わせ。長廻さんのような書籍編集者は少なくなった。駅近くで寿司をごちそうなる。

◇周平が学大まで来て、打ち合わせ。周平と新しい本の企画をつめている。カミさん交えて天狗で夕食。若い世代の共産党への人気について議論。

6月4日(木)
◇オンブックの会議。続々と企画が舞い込んでくる。橘川の英語版深呼吸をアメリカのアマゾンで発行する準備をしている。日本の方式とは微妙に違うので大変だ。アメリカでの発行も、オンブックのサービスの一つとして検討中。キンドルへのデータ提供も可能になるだろう。

6月5日(金)
◇市川と新宿ヨドバシカメラ前で待ち合わせして、未来検索ブラジルへ。
blobloのシステムが完成に近い。プロジェクトを進める。

■bloblo

6月6日(土)
◇深呼吸する言葉を、ほぼ毎日、一本ずつ書き続けて1年以上が経つ。現在、深呼吸歌人が書いた深呼吸する言葉は1万本を超えている。それで、最近、ふと気がついたことがある。ここのところ、深呼吸の100文字ばかり書いていたのだが、久しぶりに長い文章を書いたら、なんだか実に快調に筆が進む。タイピングが進む、というのか。深呼吸の100文字でイメージをガジガシと閉じ込める訓練をしてきたので、長い文章を書いていても、ガジガシと概念を凝縮するようにして書き続けていけるのだ。これは発見。深呼吸する言葉は、文章書く筋肉のストレッチになる。もともと文章を書くのに苦しんだことはないんだけど、なんだか、どんどん書けるような気分になってきた。何事も日々の研鑽だ。

6月7日(日)
◇今月は、久しぶりに講演の依頼が二つばかり入った。レジュメをチェック。