rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2006年12月25日

2006 年末

 今年も終わりに近づいてきました。昨年は、いろんなことが「終わった」年でしたが、今年から、ようやく新しいことが「始まる」年になったような気がします。正月に備えて、渋谷市場に行って買い出しに行き、上の紀伊国屋書店に行きましたが、特に買いたい本もなく、雑誌を立ち読みして帰ってきました。渋谷は、それまで通っていた旭屋と大盛堂がなくなってしまいました。本屋さんはだいたい同じ品揃えだが、誰もが「自分の本屋さん」というのを持っていると思います。僕の学生時代は、四谷の「文鳥堂」が自分の本屋さんでした。オーナーの吉田さん(故人)や木戸店長とは、個人的な関係もありました。ブックファーストや青山ブックセンターは、おしゃれな感じですが、どうも「自分の本屋さん」とは感じられない。最近は、池袋の島根歯科に毎月一回、歯のクリーニングに行くので「池袋ジュンク堂」が、僕の本屋さんという感覚です。もっとも僕は話題の本とかにはほとんど関心がないので、専門書のコーナーばかりですが。そういう意味では、ここ20年くらいの間の「僕の本屋さん」は、神保町の「古書会館」になります。毎週のように開かれる古書展には、見たこともないような「本」が待っています。本との出会いというのは、本来そういうものではなかったのでしょうか。話題の本とか、大好きな作家の本だから買うというのとはちょっと違う、全く新しい人や、聞いたこともない事実と出会うことが出来るのが、僕にとっての「本」の魅力です。

 アマゾンの「ユーズド」というサービスが出来てから、新刊ほど安い値段で買えてしまうようになっています。僕も自分の著作が100円で買えるので(送料はかかりますが)献本用に買っています。大量生産された新刊が、即座に新古本市場に流れてしまうのだから、なんとも、発行社側としては、はがゆいと思います。ブックオフもそうですが、大量に発行された本ほど、大量に新古本市場に流通する。これまでの出しっぱなしの出版システムというのは構造的に破綻しているのではないか。

 オンブックは、幸か不幸か「小規模コンテンツ流通ソリューション」を目指しているので、新古本市場に流れるほど大量に販売していません。まだ正式に活動してから2年ぐらいですが、もうすぐ刊行点数が50点になります。毎月4冊のペースですが、恐らく来年半ばぐらいから、飛躍的に発行点数が増大すると思います。「3年で日本最大の発行点数の出版社」という思いも、あながち夢想でもなくなってきました。販売部数ではないですよ(笑)。

 ほどんど毎日のように、出版希望者からの問い合わせが送信されてきますが、大半が、すでに既存の出版社での著作がある人たちだということは、少し驚きでした。本を出すというのは、一度出して見ると分かりますが、読むのとは全く違う刺激的体験なんです。

 さて、オンブックの方向性については、具体的なシステムによって説明していくことが一番だと思っていますが、現在の時点で、僕たちが考えているロードマップの一端を書きます。あくまでもビジョンですので、必ずしも実現出来るということではありません。

1.オンブックは「オンデマンド書籍」と「小ロット一般書籍」があります。オンデマンド書籍は、1冊単位の受注生産、小ロット一般書籍は、通常の取次経由で書店販売しますが、初版発行部数は1000部単位で構成されています。

2.発行コストのハードルを下げて、発行しやすくすることによって、多様なコンテンツを発行出来るようになります。「印刷費・流通費」の他に出版社利益さえも著者から吸収しようという自費出版会社とは違うスタンスでの、著者との関係性を模索しています。現状のルールは、オンデマンド書籍の場合は、初回10部を著者購入。小ロット一般書籍の場合は、初版部数の1/3を著者購入という条件になります。

3.僕らが考えているのは「小規模コンテンツ流通システム」を構築するということで、最終的には、著者が出版社になり、オンブックは「流通ソリューション」を提供する立場になるというものです。これまでのように「著者が原稿を書くだけ」というのではなく、「印刷・流通のシステム」は提供しますから、著者自身が出版社になってください、ということです。宣伝も営業も、出版社の仕事になります。ISBNも、内容に関する法律的義務も、出版社に負っていただきます。その代わり、自由に出版活動が出来ます。

4.ただ、この段階に行くまでには、まだまだ時間がかかります。現実的には、オンブックがISBNを取得して、取次とも契約をしていますので、オンブックが発行する書籍については、オンブックにさまざまな発行責任があります。ただし、方向性としては、既存の出版社構造の枠にとらわれないスタイルを模索していきたいと思っています。

5.来年の目標は、「オンブック出版社」の原型を作ることです。上の構想に基づいて、オンブック以外の法人・団体などで、自前でISBNを取得して発行体制を整えてもらい、オンブックのソリューションを使ってもらいます。その場合は、これまでの専業出版社では採算的に合わないので、学校・研究機関・団体などの、別途にコンテンツを保持・生産しているところの「出版部門」として位置づけてもらいます。この辺の作業については、まだプロトタイプ作りですので、問題意識のあるパートナーを探しながらルールを作っていきたいと思っています。

6.僕たちのテーマは「小規模コンテンツ流通ソリューション」であり、それは結果的に「コンテンツ・データベースの構築」になります。蓄積されたコンテンツの出口として、一番期待しているのが「携帯コンテンツ」です。すでに、松下電器産業、ソニーピクチャーズエンターティメント、日本出版販売と、携帯コンテンツの提携業務を契約しています。また、携帯コンテンツのユーザーを、出版業界の方に誘導しようとも思っています。

7.オンデマンド書籍において、最大のネックは「印刷コストが高い」ということと、「販売チャネルが限られる」ということです。印刷コストについては、現状ではアメリカのオンデマンド出版の3倍から5倍程度の高コストになっています。これがアメリカ並みに下がれば、日本のオンデマンド出版は、一気に拡大すると思われます。オンデマンド書籍も一般書籍も、同程度の定価がつけられるようになると思います。特に、カラーのオンデマンド書籍は、ベラボウに高いので、この面でもコストが低減する方法を考えていきたいと思っています。アメリカにおける「フォトログとルルコムの連携」のようなビジネスモデルを日本で考えている人がいたら、ぜひ、連絡してください。

8.オンデマンド書籍についての販売チャネルですが、現在は、取次経由での販売をしていません。それは、オンデマンドの印刷原価が高いので、流通マージンをのせると、常識外の定価になってしまうからです。まずは、安いオンデマンド印刷の登場を待つしかないのですが、別の方策として「オンデマンド書籍の卸売り」を計画しています。オンデマンド印刷でも、100冊程度をまとめて制作すれば、若干安く出来ます。ですので、100冊単位で購入してもらえれば、割引価格で提供出来ます。オンブックのオンデマンド書籍のリストの中から、「うちの店で売りたい」「うちのコミュニティで売りたい」という相談があれば、卸すことが出来ます。もちろん既存の書店さんでもかまいません。買取制になりますが、将来的に、既存の出版流通ではないルートを作っていきたいと思っています。そのためには、まず、良質なコンテンツが揃わなければ始まらないと思いますが。これは、以前に「新文化」に掲載された僕の「オンブック宣言」にある「インターネット神田村」の構想のことです。

 さて、渋谷市場で買ってきた「金時芋」がゆだったようなので、これから「栗きんとん」作りに入ります。今年も一年、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。(橘川幸夫)


2006年12月21日

「夢の扉」

 学生時代の先輩である白石眞一さんからメールが来た。白石さんは学生時代から映画を撮っていたりして、そのままテレビの世界に入って、今はオフィス・ボウでディレクターをやっている。
 白石さんが作ったのは、TBS系列で12月24日(日)夜6時半からの「夢の扉」でやる「風を切って走る喜び 身障者用三輪自転車・堀田健一」だ。

 いろんな業界で新しいことにチャレンジしている人たちのドキュメント番組。堀田さんが作る自転車は、お客さんの障害の状態に合わせて作るオーダーメイドの三輪自転車。
 どんな世界でも本当に新しいことに挑戦するのは大きな組織ではなくて、普通の個人なんだ。



▼以下、紹介リリース

風を切って走る喜びを
〜身障者用三輪自転車・堀田健一〜
今や私達の生活に欠かせない乗り物、自転車。
それはこれまで手足が不自由な人には無縁の乗り物でした。
しかし障害を持つ人にも乗りこなせる、夢のような自転車を作り
続けている東京都足立区在住の堀田健一さん。

堀田さんが作る自転車は、お客さんの障害の状態や体型、注文に
合わせて、部品から全て1人で作り上げていくオーダーメイドの
自転車。自転車の基本は、片足でも走行可能な踏み込み式の三輪
自転車。障害や高齢などで歩行が困難な人でも楽に走らせる事が
出来ます。

「風を切って走る喜びを知ってもらいたい」と語る堀田さん。
そこへ両手足に障害をもつ小さなお客さんからの注文がきました。
堀田さんの新たな挑戦と夢を追いかけます。
語り:宮沢りえ レポーター:大櫛エリカP:白石眞一D:坂口達哉AD:前田海一



2006年12月19日

「オルタナ」というビジネス雑誌

森摂くんからメールが入って、「オルタナ」という新しいビジネス雑誌を創刊するようだ。森くんは、元日経新聞社のロス支局長で、今は神宮前でチェコレストランをやったりしている。学生の頃、僕がやっていた雑誌の読者だった。

「日本のビジネス雑誌は、日本のサラリーマンと同じで、格好悪い」というようなことを以前にサイゾーのコバヘンが言っていた。欧米のサラリーマンのようなセンスのあるビジネス雑誌がないのである。

「オルタナ」は、「alternative」で、「もうひとつの」というのは、大事なコンセプトだ。スターバックスは「自宅でも学校・オフィスでもない、もうひとつの空間」を作るというのがコンセプトだった。オンブックもまた「もうひとつの出版業界」を目指している。

森くんは、東大の片平さんと組んで、企業サイトのブランド評価などをやっていたり、「国境のない記者団」というような世界に点在している日本人のフリーライターのネットワーク化をはかったりと、いつも、時代のポイントを突いた活動をしている。

「オルタナのサイト」で、無料購読の申込みが出来ます。

オンブックとどういう連携が出来るか、相談してみよう。

2006年12月05日

忘年会を行います。

今年の忘年会(デメ研+オンブック共催)は、12月18日(月)に六本木のエーライフで行います。併せてオンブックの新刊「有らざらん」(著・阿部重夫)の出版記念パーティも兼ねます。ポルトガルのファドが奏でられる中、激動の1年を締めくくりたいと思います。オンブックの著者、関心を持たれる方を含めて、お気軽においでください。ユニークな企業の案内ブースも出店しますので、ご期待ください。


日時 2006年12月18日 18時30分より
場所 六本木エーライフ六本木ヒルズの前の通りの向かい側
参加費 6000円

参加希望者は「忘年会参加登録室」で申込みしてください。