rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

2006年09月03日

小林晃一さん

 彫刻家の小林晃一さんらと田町のヌースフィアで食事。これまで多くのモニュメントを制作してきたが、黒幻焼という焼き物を開発。黒い陶器だ。陶芸家の焼き物ではなく彫刻家の焼き物というのがポイント。黒幻焼の商品化をヌースの布施オーナーと相談。オンブックとしてもいろいろと検討してみたい。

 小林さんは埼玉県の幸手市に住んでいて、僕の大学時代の友人で幸手市にいる斎藤幸三が連れてきた。小林さんは芸大出身で今をときめく現代アートの村上隆さんとは同級生。石を掘るという話などを聞いたが、なかなか興味そそられる。陶芸教室は山ほどあるが彫刻教室は聞いたことないしね。

 僕がオンブックでやりたい企画の一つに「ポートフォリオ・ブックス」というのがある。建築家の作品集を、同一の仕様で書籍化していくものだ。1冊1冊は建築家が自分で営業用に使うものだが、これが100人、1000人と制作されていけば、現代建築家カタログになる。しかもオンデマンドだから、毎年データを更新していける。ネックはカラー印刷がオンデマンドだとかなり高くなるということだ。このネックさえ解消出来れば、建築家だけではなくイラストレーターやカメラマン、デザイナー、花道家など、いろいろなことが出来る。まずは、小林さんの作品集を追求してみることとしよう。

 ポートフォリオ・ブックスを作ってみたい人がいたら、連絡ください。

comment

コメントを投稿

いままでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

名前
メールアドレス
URL
この情報をcookie に記憶させる場合、チェックをつけてください。
コメント