rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

社長日記

1973年11月15日

ディープパープルジャパン

Rockin'on 1973年11月15日発行号P.55

ディープパープルジャパン 橘川幸夫

 ロックというものによって、心底、変えられてしまったのは、ロックの当事者の世代ではなくて、もっと上の世代じゃないかしら……というような事を、ある三十過ぎの女性に語られてしまい、殆ど、頬っ面をはたかれる思いだった。そういえば、それまでかなりロックというものを先験性として、あまりに自明の事として、浸っていた僕自身に対して、絶えず、イチャモンをつけてきたのは何人かの三十過ぎだ。彼等の語り口には、ロック体験以前の自己に対する<何でこんな事が分からなかったのだ>という、ある種の恥らいと、彼等にしてみればロックそのものである僕らに対する、はがゆき、つまり<おまえ達はもっと凄い事を言っているんだぞ。何んでそれに気が付かないんだ>というよな彼等共通の困惑があった。むしろロックに対しての不信というのは僕の方が強くて、<ロックってそんなに凄いんですか?>と僕が表情で応えると、誰にも呆れたような嫌悪の表情が浮かんでいた。

 僕の知り合えた三十過ぎが、むしろ特殊なのかも知れない。ただ僕たちロックの当事者の世代から、ロックを超える一本のロック論が産まれていないという事は、やはり自己批評の難しさであり、人間誰しも、そんなに自分を信じきれるものではない。

 ディープパープルの言いたい事はすごく良く分る。分ったところでどうなるものでもないが、とにかく分る。あまりに分り過ぎて直接的に説明できない。納得が理解を跳び越えてしまって言葉にならない。いささかキベンじみて良くないと思うが、つまりディープパープルのやってる事は今のディープパープル自身にすら理解し得ていないのではないか、という事だ。

 閑話休題、なんてやってる余裕は本当はないのであって、巷ではユックリズムとかいう掛け声が拡がっているらしいが、実に何を今更で、こんなのはガンバリズムの裏表であって、こうした風潮に行ったり来たりしている人たちは結局、何ひとつ反省という事を知らないのだ。こうした風潮とは別に、僕たちは今、性急(せっかち)である。ただし、性急であるという事は、時間的余裕がないという事では必ずしもないのであって、僕達は社会に在る限り社会を強いられているわけで、暇、というのは、強いられた物に対して積極的か消極的かという事なのであって、つまり、ヤル気があるのかないのか、という事だ。だから、怠惰であるが性急であるという事も言えるのだし、怠惰であるからこそ性急にならざるを得ない事も往々にしてある。性急な思想、をあれだけ揶揄した啄木だって、高村高太郎に言わせればあの頃のあの人は<何かオッチョコチョイ>なんであって、今、僕が愛着を持てる人は、シラケたり悟ったりしている人ではなく、何かしらオッチョコチョイである。

 ディープパープルは殆ど滝を落下する水飛沫のように、さわやかに性急である。イアンギランの声やブラックモアの響は、ペーパーナイフのようにみずみずしくて、こういう音に愛撫されると、狂言自殺でもしたくなる。この叫びは殆んど人間に向かって発せられていなくて、むしろ人間すらもひとつの風景として肥えてしまう虚空に投げつけられた叫びだ。だから、ちっともドスが利いていなくてそれが実にしっくりくる。人間の叫びは、動物の雄叫びと違って、何らの誇示でも恫喝でもない、もっと無機的な、観念の結晶体であるはずだ。チャイルドインタイム。美しい憎しみだ。やさしい苦しみだ。恐らくギランでさえ、自分の叫びの意味を理解してはいないだろう、この石英のような叫びにこそ、やがて腐っていくであろう果実の最後の充実がある。まるで、看護婦さんが白いガーゼを裂いているように、美しい充実だ。これで良いのだ。これから実業家になろうと金貸しになろうと、一生のうちでたった一言でも全存在を叫べる瞬間があれば、どのように腐り果てようとも意味があったのだ。腐って発酵してまで、人を酔わせようなどと考えない事だ。腐ったらちゃんと腐って、この都市の大地の肥やしになれば良いのだ。

 だけどギラン。僕たちは、ここからなんだ。叫びが波紋のように拡がり、そして、もとの水面に回復してしまってからが、本当の出発なのだ。水面には、お前の投げた石っころはもうないし、おまえの叫びの痕跡である波紋もない。まるで何もなかったかのような顔をしている。おまえは、やさしいが、本当のやさしさとは、ただ単純に自分を傷つける事じゃあないのだ。大体、やさしさを誤解して定着させたのは、国立や高円寺や京都をフラフラしてる連中、つまり、かつて新宿に流れつきて新宿にから流れていった奴らだ。奴らのやさしさは、所詮、自閉症のエゴイズムと怠惰を自己肯定しただけのだらしねえ弱さでしかない。かつて、懸命にやさしさを自らに抑制してきた者が、ふっ、と<必要なんだと>呟いた地点とは、全く無縁なのだ。

 ディープパープルの音は、僕の表面積を分割するように鋭いカミソリだが今、僕が欲しいのは、もっとグサリとくるアイスピックのように、したたかなやさしさなのである。

comment

コメントを投稿

いままでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

名前
メールアドレス
URL
この情報をcookie に記憶させる場合、チェックをつけてください。
コメント