スタッフブログ

rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

スタッフブログ

2006年07月14日

オンデマンド印刷市場の問題点

日本のオンデマンド出版の最大のネックは印刷費である。アメリカの相場の大体、5倍から10倍、高い。このコストがアメリカ並みになったとしたら、日本のオンデマンド出版は一気に爆発するだろう。なぜ、そんなに高いかというと、オンデマンド印刷は高度なコピー印刷なので、コピー機によるカウンター料(チャージ)があるからだ。アメリカには、そんなルールはとっくになくなってる。

コピー機もプリンターも、ハードのイニシャルコストは原価割れにしてでも普及させて、ランニング費(カウンター料とか、ばか高いインク代金とか)で利益を上げようというコピー機メーカーの企業戦略がある。無料で携帯電話を配ってバカ高い通信費で永続的に子どもたちから小遣いを奪った携帯電話のモデルと同じだ。

このビジネスモデルが商業印刷であるオンデマンド出版の領域にまで浸食しているので、たまったものではない。ある程度、高いハードコストでも先行投資をして、用紙とインクという原価をギリギリの値段に押さえてフル回転し、投資コストを回収するという、普通のビジネスモデルが組めないのである。

オンデマンド出版が発展しなければ、オンデマンド印刷機の市場も発展しない。そんな当たり前のことが、なんでメーカーは分からないのだろうか。視野狭窄になっているコピー機メーカーの中で、発想の転換を計ろうとする人を探している。

2006年07月10日

オンブックのリンク頁新設

提携している企業・団体などとのリンク頁を作りました。
著者の方で自分のWeb頁とのリンクバナーをはりたい方は連絡ください。オンブックはリンクフリーですので、ぜひ、みなさんのWebサイトにもオンブックのバナーをはってください。アフリエイトはないですが(笑)。バナーはリンク頁に用意してあります。

なお、インターネットの初期には、リンクをはる場合は、お願いのメールを出して許可を得ていましたが、今ではリンクをはるのは自由という認識になってきているようです。詳しくは、(社)著作権情報センターの頁をご覧ください。

CD、DVDなどの対応について

オンブックでは、書籍だけではなくCD、DVDなどの効率のよい小ロット流通システムを検討しています。

■音楽については、有限会社キーセンスと提携して、制作管理を行います。ライブ活動を行っているミュージシャンのCD制作・販売を支援します。音楽CDについては、キーセンス(金子)にお問い合わせください。

■自主上映会を行っているような自主映画のDVDについても、新しい流通システムを築いていきたいと思っています。

■また、写真集についてのご要望が多いのですが、残念ながらオンデマンド印刷だとカラー印刷のコストが非常に高いので、お勧め出来ません。CDブックの形式を追求していますので、関心のある方は、オンブックまでご連絡ください。

その他「オンブックでこういうことは出来ないのか」というご相談も歓迎しています。

自費出版リターンズ

過去に自費出版で本を出したことがある方へ

自費出版で本を出された方は多いかと思います。
その本は、今、どうなっていますか。
せっかく出した本を埋もれさせておくのは勿体ないですよ。
それらの本の改訂版をオンブックで出してみませんか。
最少のコストで、長期的に販売することが出来ます。

オンブックにご相談ください。