スタッフブログ

rssフィード


Movable Type 3.2-ja-2

スタッフブログ

2006年04月13日

碧天舎の倒産・自費出版あれこれ

碧天舎が倒産して、自費出版の危うさが一気に露出しそうだ。
東京新聞のリポートがきちんとしたリポートをあげている。

ただし、東京新聞だって自費出版事業をやっているし、大手出版社や新聞社はだいたいやっている。文芸社や新風舎の急成長に合わせて、それまで批判的だった旧来型出版社も、一斉にビジネスの匂いをかぎつけて参入した。

旧来型の印刷・流通リスクを出版社が負う形態では、著者が出したい本が出せないので、著者がリスクを背負う形の形態もありえない話ではないだろう。オンブックで「カフカとキルケゴール」を刊行した中澤先生の説明のよると、キルケゴールは生涯自費出版で書籍を出していたし、カフカは生前は出版社には相手にしてもらえなかった。日本の明治・大正の名作にも自費出版はある。

インターネットが登場して情報の「発信者負担」という新しい風潮が、自費出版を出そうという気持ちをプッシュしたこともあるだろう。しかし、現在の自費出版事業は、あまりにも著者の側への負担が大きすぎるビジネスモデルである。それだから自費出版社が儲かったのだろうが、出版を知らない素人を手込めにするようなルールも少なくない。

たとえば、高額の協力金を著者が支払っているにもかかわらず、販売印税が2%とかいうルールの自費出版社がある。つまり原理的には、印税の2割を支払えば、印刷しなくても「全部売れましたよ」といえば済んでしまうのだ。通常の出版社の負担で、一般の人からは見えないコストが在庫管理の倉庫代である。在庫を早めに処分してしまえば、倉庫を持つ必要もない。

僕は、自費出版の流れは悪くはないと思ってる。編集者のフィルターを通した価値観しか書籍に出来ない出版構造は不純だし、失礼な言い方も知れないが、どのような人であれ、それなりの人生を歩めば、人に伝えたい・社会に残したい体験や思いがあるはずだからだ。
ただし「貴重な体験そのもの」と「貴重な体験を書籍として表現する」ということは別の次元の話であり、自費出版された書籍の多くが、自己顕示欲やうぬぼれのエゴの固まりでうんざりすることが多いのも事実だ。

オンブックは広義の「自費出版サポート」事業であるが、事業を開始して問い合わせのある、99%が既に著作のある人や、プロのライター・編集者である。オンブックは、著者からお金をふんだくるために(笑)おいしい話はしない。

しかし、純粋に素人の方で本を出したい人向けの合理的な自費出版ソリューションも必要であり、サービスを準備中である。

本を出したい人は、安易にお金で解決しようとしないで、まずは、自分なりに情報を集めて、出版のシクミ、手続きなどを調べてからにした方がよいですよ。書かれた原稿も、自分で何度も読み直すのはもちろん、なるべく利害関係のない第三者にも読んでもらって感想をもらってください。

オンブックでは定期的に説明会を開いています。関心のある方は連絡ください。

2006年04月05日

オンブック・出版デビュー・スタイル

---------------------------------------
オンブック・出版デビュー・スタイル
---------------------------------------
「自分の本」を出したい人! 
出版界で活躍したいと思っている人! 
ご注目ください!

高額の自腹負担を必要とする「自費出版」とは一味違います。
オンブックが提案する「出版デビュー」のスタイルをご検討ください。

-------------
STEP 1
-------------
オンデマンド出版による「オンブック」で本を作ってください。
自分で執筆・編集・デザインなどを行えば、自著の購入10冊だけという常識外れのハードルの低さで、あなたの本が出版出来ます。

*著者とオンブックは出版契約を結び、通常は印税10%をお支払いします。
*販売はインターネット上にあるオンブックのサイトに限定されます。

-------------
STEP 2
-------------
オンブックのサイトで、あなたの本を500人の読者が購入したら、次のステップに進めます。

オンブックの費用負担で、再編集を行い、書店販売を行います。
もちろん印刷費もオンブックの負担ですので、著者の負担はありません。
印税なども通常の出版社と同じです。

*自分で500冊購入してもダメです。500人のバラバラの人が購入ということが条件です。

-------------
STEP 3
-------------
あなたの本にパワーがあれば、オンブックよりも強い販売力・ブランドを持つ出版社に、あなたのコンテンツを紹介することも可能です。

また、欧米をはじめとする全世界500社余りの海外出版社に紹介することも可能です。

*著者とオンブックでエージェント契約を結びます。

---------------------------------------
市場があなたの価値を決めます。
フェアな出版市場を作っていきましょう。
---------------------------------------


『ホリエモンへの手紙』 デジタルメディア研究所編

<プレスリリース>

想定外の本、緊急出版!
『ホリエモンへの手紙』 デジタルメディア研究所編

                           株式会社オンブック

 株式会社オンブックは、『ホリエモンへの手紙』(デジタルメディア研究所編)を緊急出版し、全国の書店で販売を開始します。

 『ホリエモンへの手紙』は、去る1月23日に、証券取引法違反の容疑で逮捕された、ライブドア前社長である堀江貴文氏(通称“ホリエモン”)に宛てて、さまざまな立場の関係者・無関係者30人が綴った、叱咤・応援の手紙を集めた一冊です。

▼紹介サイト
http://www.onbook.jp/bookd.html?bid=0036

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  拝啓ホリエモン様、いかがお過ごしですか?
  壁の彼方へ連れていかれた「あの人」へ、関係者・無関係者の30人が送る、
  叱咤・応援の手紙。

     書 名:『ホリエモンへの手紙』(デジタルメディア研究所編)
     版 型:四六版
     頁 数:160ページ
     定 価:本体1500 円(税別)
     発 行:オンブック
         ISBN4-902950-21-9 C0036 \1500E
     発売日:2006年4月20日
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 賛否両論、異論反論など色々あれ、ホリエモンはシンボリックな時代の顔であり、逮捕劇は世代を超えて衝撃を与えました。しかし、社会的に大きな意味のある事件だったにもかかわらず、既存のマスコミは単一の価値観で一斉に情報を発信しただけでした。

 本来は、もっと多様な価値観が共生すべきで、単一の価値観での情報発信は、これからの社会のメディアとして不適当だと思います。そこで「インターネット時代の出版文化とは何か?」という問題意識のもとに、「コミュニティ・ブックス」(注1)という、インターネットを活用した出版活動を企画しました。『ホリエモンへの手紙』はその第1弾となる試みです。

 30人の執筆者には、一般企業に勤務するビジネスマン・OLから、大学生、IT企業の社長、医師、モデル、マスコミ関係者、ベストセラーの著者、著名ブロガー、マーケッター、音楽家、コピーライター、出版社社長など、多彩な顔ぶれが集まりました。壁の彼方へ連れていかれたホリエモンに対して、さまざまなメッセージを送っています。

<本文より>
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●時代の寵児とまつり上げた責任を忘れ、叩きすぎではないか。理由はなんだ?
  岡崎太郎(『儲かるしくみはこうつくれ』がアマゾンで1位/通販界のカリスマ)
●同時代人として“やるじゃん”と“アホやね”という両方を感じてきました。
  橘川幸夫(70年代に音楽誌『ロッキングオン』を創刊/本書の仕掛け人)
●貴重な実体験を、自らのブログで、後世に語り継ぐことこそが天命なのでは。
  久米信行(『メール道』『ブログ道』がベストセラー/Tシャツメーカー社長)
●そうなっていたら、世間の貴方に対する好感度は、とってもアップすると思いますよ。
  高橋 朗(『銀座ママ麗子の成功の教え』がベストセラー/ブランド戦略参謀)
●私はライブドアの株主です。しかも事件後に買ったのですよ。1000株も。
  立川こしら(ガンダム落語で話題沸騰/落語界の奇才)
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注1)コミュニティ・ブックスとは?
インターネットを活用した出版活動の試みです。SNS(Social Netwoking Service)をはじめ、続々と形成されつつあるネットコミュニティと協力することで、同一のテーマでさまざまな書籍を発行することが可能です。今回の『ホリエモンへの手紙』も、ネットで呼びかけたところ、10日ほどで30人から原稿が集まりました。

書店販売のご挨拶

<書店販売について>

オンデマンド出版「オンブック」
書店販売開始のご挨拶

                        オンブック代表・橘川幸夫

 オンデマンド出版の活動を行うオンブックは、サイトの立ち上げ半年で30冊近い書籍を発行してまいりました。まだ微かな動きですが、私たちは大きな可能性を感じております。

 どのように出版環境が変化しても、出版の要諦は出版物そのものの可能性だと思います。私たちは時代の変化に対応しつつ、時代に刻印していく書籍を出版いたします。

 本年度4月より書籍取次店である大阪屋さんと取引を開始し、ネット書店、一般書店への流通が可能になりました。ただし、すべてのオンブックの書籍を一般流通に展開していくのではなく、「長期に渡って絶版もなく発行していく書籍」についてはオンデマンドで、「短期で一気に販売可能と思われる書籍」については、新刊書店流通へと、書籍の性格で選別します。

 第1回の書店配本は『ホリエモンへの手紙』になりました。今後とも、オンブックに持ち込まれた出版企画の中から、内容によって書店流通の展開も拡大していく予定です。書店流通関係の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

取次店「大阪屋」に口座開設!

携帯でテレビが見れるようになってきた。日本は便利に発展していく……って、本当だろうか。書店には今日も新刊が続々と登場してくる。取次の窓口には、毎日平均400冊の新刊が持ち込まれると言う。豊かな出版文化……か。

現在、出版物の取次店は、東販・日販の大手2社で8割が占められていて、蛇口はお湯と水の2つである。ここを通らないと、書店には並ばない。取次は、さすがに書籍のメキキだけあって、内容を読まなくても、表紙とタイトルだけで、だいたいの売れ行き部数が読めてしまう。しかし中には「こんなの絶対売れない!」と言われたものがヒットしたり、「これは絶対に売れますよ!」と言われて初版を大量に刷ったけど返本の山になった、という業界恨み節も少なくない。毎日400冊の新刊を、中身を吟味して選択することなんか不可能なのだ。

戦前は取次というのは数百社あったという。出版社が成長すると、他の出版社の書籍もついでに配ってくれたり、版元やめて卸になった方が儲かると思った出版社などが多数あった。現在の2大取次制になったのは、戦争中の言論統制の名残だという話は有名である。国家批判の宗教や政治思想を禁止するために、取次がたくさんあっては管理出来ないので、国家が集中させたのである。

戦前の取次の状況は分からないが、想像するに、それだけ多くの取次があったということは、仕入れの人もバラエティに富んでいただろから、相当、奇妙な本でも書店に並んだのだと思う。最初から売れそうもない本も市場に出たかも知れないが、そういうキャパシティの広さが大正から昭和初期の出版文化を育んだのだと思う。内容を峻別するのは、出版社や取次の窓口ではなく、市場そのものであるべきです。

さて、オンブックは、出版という構造のハードルをぐっと低くした。オンデマンド出版であれば、誰もが簡単に出版することが出来る。戦前のように「出したい人!」がいれば、出せてしまう環境を作りたいと思う。

しかし、オンデマンドなので、販売はサイトに限定されるから、書店での販売力にはかなわない。まぁ、あわてないでください。オンブックは、とりあえず出版取次の「大阪屋」さんに口座を開きました。これから、どういう動きをするのか期待してください。