オンデマンド出版社 オンブック
既刊本

注文する
この本を誰かに教える この本についてつぶやく
「菊と刀」注解 増補改訂版(下)
森 貞彦
オンデマンド
  • 価格   4300円(税抜)
  • ジャンル 社会・歴史・思想・ことば
  • 仕様   A5判/頁
  • 発売   2010年8月発売
  • 発行   オンブック
  • ISBN978-4-86360-044-7 C1095

・「注文する」ボタンを押すと、販売サイトbooknestへ移動します
・booknestのご利用には会員登録(無料)が必要です
内容紹介
本書は2009年に刊行された『「菊と刀」注解』をより正確に、より理解しやすく書き改めたものである。

下巻では、第10章「徳のジレンマ」から第13章「降服後の日本人」までの、原文の各段落について詳細な説明と考察をするばかりでなく、補章および付録鵯および付録鵺を加えてベネディクトの論旨に対する読者の理解を確立することに努めた。

補章は、論旨は旧版のものと変わっていないが、大幅な書き換えによって記述の適切さ、理解しやすさにおいて面目を一新した。

付録鵯は旧版の付録と同じである。付録鵺は小説「羅生門」を恥の文化の観点から分析するものであり、日本人の思考と行動がどれほど強く恥の文化に影響されているかということの一例を示す。
内容紹介
第10章「徳のジレンマ」への注解
第11章「修養」への注解
第12章「子供は学ぶ」への注解
第13章「降服後の日本人」への注解
補章『文化の型』および『菊と刀』はなぜ難解なのか
付録鵯 「〈いき〉の構造」と『菊と刀』
付録鵺 小説「羅生門」における恥の文化
著者プロフィール
1932年、神戸市生まれ
1997年、大阪府立大学大学院人間文化学研究科比較文化専攻修了(学術博士)
著 書:1997年『清家正の製図論と思考様式』(パワー社)
    2002年『「菊と刀」再発見』(東京図書出版会)
    〔この本はハンガリー語および中国語に翻訳・出版された〕
    2003年『みなしご「菊と刀」の嘆き』(東京図書出版会)
    2004年『日露戦争と「菊と刀」』(東京図書出版会)
    2009年『「菊と刀」注解』(オンブック)
この本もおすすめ
  • 「菊と刀」注解 増補改訂版(上)


オンデマンド出版社 オンブック