オンデマンド出版社 オンブック
既刊本

注文する
この本を誰かに教える この本についてつぶやく
せんせのたまご 2007年度版〔改訂版〕
白瀬浩司
オンデマンド
  • 価格   2600円(税抜)
  • ジャンル 教育・子供・学校
  • 仕様   A5判/210ページ
  • 発売   2009年4月発売
  • 発行   オンブック
  • ISBN978-4-86360-014-0 C0037

・「注文する」ボタンを押すと、販売サイトbooknestへ移動します
・booknestのご利用には会員登録(無料)が必要です
内容紹介
本書は次のような構成になっている。第1節では、絵本『どろんこハリー』や、小学校国語科教材『ごんぎつね』と『ゆうすげ村の小さな旅館』を事例として、国語科の教材研究の方法についてまとめている。

第2節には、現行の小学校教科書に収載された物語(低学年3篇、中学年3篇、高学年3篇)の教材分析を、第3節には20歳の女性らしい感性の生かされた童話3篇をおさめている。なお、第2節・第3節は、短大生たちの学びの成果(卒業課題集)である。

第4節には、短大の研究室で学生たちと過ごす、とりとめのない日常を書きとめた。

<目 次>
第1節=講座指針2篇(『ゆうすげ村の小さな旅館』教材分析ほか)、第2節=小学校国語科教材分析9篇(卒業課題)、第3節=童話創作3篇(卒業課題)、第4節=研究室日記。

著者プロフィール
1961年6月26日大分県生まれ。九州の某女子短大教員。文学修士(国文学)、修士(教育学)。京都での塾講師・予備校講師を経て、中学・高等学校教諭。さらに、京都・大阪の大学で兼任講師の後、現職。小学校4年生から60歳代の社会人受験生・社会人大学生まで幅広く教えてきたが、いまや乳幼児から小学校3年生までも視野に入ることとなった。学生たちの実習先で園児たちと一緒に遊ぶのも、意外と楽しかったりする。いわゆる受験エリートではない子ども好きなじゃりん娘たちを、せんせのたまごとして育成中である。著書に、『《読み》のたちあがる場をめざして』(単著)、『せんせのたまご〔2005年度版〕』(編著)、『豊竹座浄瑠璃集』[2]・[3](共著)などがある。
この本もおすすめ
  • せんせのたまご


オンデマンド出版社 オンブック