オンデマンド出版社 オンブック
既刊本

立ち読み amazonで購入
この本を誰かに教える この本についてつぶやく
金を追う者 追われる者 −ノンフィクションマネーファイル−
室井忠道
一般書籍
  • 価格   1800円(税抜)
  • ジャンル ノンフィクション
  • 仕様   四六判、320頁
  • 発売   2008年8月発売
  • 発行   オンブック
  • ISBN978-4-902950-93-9 C0036

・「注文する」ボタンを押すと、販売サイトbooknestへ移動します
・booknestのご利用には会員登録(無料)が必要です
内容紹介
本書は、債権回収の実話による、お金と人間の物語だ。夜討ち朝駆けの取立で見た、男と女の姿。そして、その後ろで泣いていた子どもや老人たち……。債務者の地獄は自業自得だが、年老いた両親や年端も行かない子どもたちは被害者だ。

お金を扱うビジネスは、商品が介在しないために、抜き身の刀と同じ真剣勝負だ。だからどちらも傷を負う。テレビや車を盗むために人は殺さない。だが、わずかなお金のために、タクシー運転手やお年寄りを殺す事件が起こる。お金とは何なのだ?

お金は、砂漠では水のかわりにならないし、ジャングルではパンのかわりにもならない。しかし、お金のために人を裏切り、騙し、ときには恋人や夫、妻さえも殺す。そのお金にまつわる、ドラマチックなまでに切ない実話の数々を、債権回収業に携わってきた著者が綴ったのが本書だ。

「住宅ローンの悲劇」「多重債務者の親のために自己破産する息子」「親の借金のために高校進学をあきらめる少年」「大都会の夜の街と取立人の集まるショーパブ」「自分の借金の取立てから逃げてきて、サラ金会社に入り、取立をする男」「借金した夫が蒸発し、厳しい取立ての毎日に、家に帰れず森に隠れる美人」の話など、13篇を収録した迫真のノンフィクションマネーファイル。

目 次
序 章
第一章  ひとりぼっちの子(住宅ローンの悲劇)
第二章  女子大生の自殺と十三階の家族
第三章  自己破産への道
第四章  僕、高校へは行かない
第五章  弁護士になりそこなった男
第六章  バブル紳士と妻に逃げられ、ウサギを飼う男
第七章  家族がいちばん
第八章  ネギをきざむ老婆
第九章  大都会の夜(マンダリンクラブ)
第十章  五時間後の自殺
第十一章 林にかくれる女
第十二章 逃げてきた男
第一三章 和服の女

著者プロフィール
著者近影 室井 忠道(むろい ただみち)
1943 年、栃木生まれ。プロモーターを経て金融業界に。その傍ら月刊誌「映画評論」経営、アニメビデオの出版、高林陽一監督作品などの映画制作、澤田駿吾のジャズイベントなどを手掛ける。
有機農法園やレストランの経営にも携わり環境問題にも取り組んでいる。
持論「戦争の起きていない国に住み、自分の足でトイレに行けて、食事がおいしく食べられたら、それが最高の幸せ」
著書「金と共に去りぬ」(映像舎)、「借金中毒列島」(岩波書店)、「おかね教育」(晶文社)、紙芝居「にっぽんおかねばなし」(株式会社ケースワーク)
●著者web サイト「室井忠道 お金より半歩先にあるもの」
この本もおすすめ
  • 天使のメッセージ もう生きているのに


オンデマンド出版社 オンブック